感想、書評

 
  1. D坂の殺人事件

    【感想】「D坂の殺人事件」/江戸川乱歩:名探偵・明智小五郎が初登場する短編!

    こんにちは、つみれです。このたび、江戸川乱歩(エドガワランポ)さんの短編「D坂の殺人事件」を読みました。 日本家屋で発生する密室事件に名探偵…

  2. 二廃人

    【感想】「二癈人」/江戸川乱歩:回顧談を楽しむ二人の不穏な関係性とは?

    こんにちは、つみれです。このたび、江戸川乱歩(エドガワランポ)さんの短編「二癈人(ニハイジン)」を読みました。 湯治場で知り合った二人の男性…

  3. 告げ口心臓

    【感想】「告げ口心臓」/エドガー・アラン・ポー:独白で進む不穏な超短編!

    こんにちは、つみれです。このたび、アメリカのミステリー作家、エドガー・アラン・ポーの短編「告げ口心臓」を読みました。 語り手がおじいちゃんに…

  4. 二銭銅貨

    【感想】「二銭銅貨」/江戸川乱歩:古典的な雰囲気が良い江戸川乱歩のデビュー作!

    こんにちは、つみれです。このたび、江戸川乱歩(エドガワランポ)さんの短編「二銭銅貨」を読みました。 とある工場から盗まれた5万円の在処をめぐ…

  5. ベレニス

    【感想】「ベレニス」/エドガー・アラン・ポー:喪失感と不気味さがダイレクトに伝わる一編!

    こんにちは、つみれです。このたび、アメリカのミステリー作家、エドガー・アラン・ポーの短編「ベレニス」を読みました。 快活な少女だったベレニス…

  6. 夜が明ける

    【感想】『夜が明ける』/西加奈子:夜はいつ明けるのか?二人の男の辛い人生を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、西加奈子(ニシカナコ)さんの『夜が明ける』を読みました。 「俺」と「アキ」の二人の人生を通して、現代社会が…

  7. 残月記

    【感想】『残月記』/小田雅久仁:「月」をモチーフにした異世界を描くSF短編集!

    こんにちは、つみれです。このたび、小田雅久仁(オダマサクニ)さんの『残月記(ザンゲツキ)』を読みました。 「月」をモチーフにした「異世界」を…

  8. 正欲

    【感想】『生欲』/朝井リョウ:「多様性」称揚の風潮を鋭く風刺!

    こんにちは、つみれです。このたび、朝井(アサイ)リョウさんの『生欲』を読みました。 「性的マイノリティ」をテーマに、「多様性」称揚の風潮を風…

  9. 孤島の来訪者

    【感想】『孤島の来訪者』/方丈貴恵:人ならざる殺人者が暗躍する特殊設定ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、方丈貴恵(ホウジョウキエ)さんの『孤島の来訪者』を読みました。 とある無人島を訪れた主人公一行を「人ならざ…

  10. 【ミステリー聴き放題】オーディブル会員プランで聴き放題対象のおすすめミステリー9選!

    こんにちは、つみれです。Amazonのオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」をご存じでしょうか?オーディブルはプロのナレーターによる…

最近の記事

  1. 密室黄金時代の殺人
  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。
  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪
  4. 真相・猿蟹合戦
  5. わらしべ多重殺人

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 黄金虫

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「黄金虫」/エドガー・アラン・ポー:世界初の暗号解読ミステリー!
  2. このあと衝撃の結末が

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「このあと衝撃の結末が」/榊林銘:見逃したドラマ終盤十五秒の真相は?
  3. かがみの孤城

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『かがみの孤城』/辻村深月:感動の一作。これはすごい。
  4. 第12回山田風太郎賞候補5作まとめ

    読書まとめ

    【2021年】第12回山田風太郎賞候補5作まとめ!
  5. 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』/麻耶雄嵩:異色の探偵二人が活躍する…
PAGE TOP