正欲

ヒューマンドラマ

  (最終更新日:2022.04.29)

【感想】『生欲』/朝井リョウ:「多様性」称揚の風潮を鋭く風刺!

こんにちは、つみれです。

このたび、朝井(アサイ)リョウさんの『生欲』を読みました。

 

「性的マイノリティ」をテーマに、「多様性」称揚の風潮を風刺する問題提起色の強い一作です。

 

本作は、2022年本屋大賞ノミネート作でもあります。

それでは、さっそく感想を書いていきます。

▼2022年本屋大賞ノミネート作をまとめています。

>>【2022年】本屋大賞ノミネート10作まとめ!

作品情報
書名:正欲

著者:朝井リョウ
出版:新潮社(2021/3/26)
頁数:386ページ

スポンサーリンク

「多様性」を称賛する風潮に切り込む!

「多様性」を称賛する風潮に切り込む

私が読んだ動機

2022年本屋大賞にノミネートされたので読んでみようと思いました。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • 現代社会が抱える問題に興味がある
  • 性的マイノリティをテーマにした小説が読みたい
  • 「多様性」を称揚する風潮に違和感を覚える
  • 複数人物の視点を切り替えながら展開する物語が好き

あらすじ・作品説明

「社会の正義」を強く意識する検事・寺井啓喜(テライヒロキ)は、不登校の一人息子・泰希(タイキ)がとある動画配信者に触発され、自身も動画投稿を開始したことに悩む。

 

寝具店に勤める桐生夏月(キリュウナツキ)は、とある理由で生きづらさを感じているが、その生きづらさを共有できる一人の人物と再会する。

 

学祭実行委員の神戸八重子(カンベヤエコ)は、外見偏重のイベント「ミスコン」の開催に違和を感じ、新たに「多様性」をテーマに据えた「ダイバーシティフェス」の開催を閃く。

 

2019年5月1日の改元に向け、彼ら3人の視点を切り替えながら物語は展開する。

テーマは性的マイノリティ

複数のトマトと一個のマスカット

本作『生欲』がテーマに据えているのは、「性的マイノリティ」です。

性的な部分はとりあえず置いておくとして、マジョリティ(多数派)とマイノリティ(少数派)の関係だけを抜き出して考えてみます。

一昔前まではマジョリティ側がマイノリティ側を差別・迫害するという文脈で語られることが多かったように思います。

それがここ最近になって、マジョリティ側はマイノリティ側を認め、理解することが正しいという「多様性(ダイバーシティ)称揚」の風潮が強くなってきました。

本作はそういった潮流へのモヤモヤした違和感の正体を饒舌に突き付けてくる一作となっています。

マジョリティ側が振りかざす「正しさ」を盲信することに対する、朝井リョウさんの強烈な問題意識を感じる作品でした。

 

『正欲』というタイトルに込められた意味にも注目しながら読むと良いかもしれませんね。

 

マジョリティ側のエゴ

すれ違い

上に書いた「マジョリティ側がマイノリティ側を理解」しなければならない風潮について、これは本当に双方にメリットがある考え方なのかという一つの問いかけがあります。

もちろん、マイノリティ側としてマジョリティ側の理解を求める人もいると思いますが、本作が問題としているのはそれを「求めない」人の存在。

マジョリティ側の価値観をマイノリティ側に押し付けることは、結局、マジョリティ側のエゴにすぎないですよね。

両者の考え方のすれ違いを、本作は非常に的確にわかりやすく描いています。

「普通とは何か」というテーマを扱っている作品は数多くありますが、本作は「普通」というのはマイノリティを切り捨てる考え方であることをとりわけ強く認識させてくれる作品でした。

読了時の困惑

困惑する男女のシルエット

本作を読み終わったとき、私はとある困惑を覚えました。

 

ネタバレ要素を含むので、いちおう隠しておきます。

 
ネタバレあり!読了済の人だけクリックorタップしてね

私が困惑したのは下記のようなことです。

マジョリティ側の人間として本作を読み終わったとき、朝井リョウさんの掲げる主張に「本当にその通り!」と思わず膝を打って賛同してしまいたくなりました。

しかしその直後、そんなマジョリティ側の人間である私の「理解」は本当に求められているものなのか?と考えこんでしまったのです。

 

この点に気づいたときに何とも複雑な心境になり心の置き所に困ってしまった、というのが正直な感想です。

 

それでもこの本を読んで良かったと心から思える作品でした。

デリケートな問題にズバッと切り込む作品ですが、興味があればぜひとも手に取って読んでほしいと思います。

新元号「令和」に向かう物語

カレンダーとペン

本作は、物語の中盤までは各編の最初に「2019年5月1日まで、あと何日」と示されています。

一方、中盤以降は「2019年5月1日から何日」と書かれています。

このことからもわかるように、改元による「令和の始まり」が物語のターニングポイントとして設定されています。

このターニングポイントを境に物語がどのように変転していくのかが本作の醍醐味でもあります。

 

「平成」で何が描かれ、「令和」で何が描かれているのかに注目するとおもしろい読書になると思います。

 

章末の要素が次章にバトンタッチ

バトンタッチ

上にも書きましたが、『正欲』は複数の人物の視点を切り替えながら物語が進行します。

この語り手切り替えの際に、前の語り手の終わりの一文に含まれる要素が後の語り手の最初の一文に渡されるという、しりとり的な仕掛けが用意されています。

文章で書くとよくわからないと思いますので、下記で例示しましょう。

(寺井啓喜の終わりの一文)啓喜は、どんどん近づく“正義”の場に向けて、意識を引き締め直した。

 

(桐生夏月の始めの一文)意識を引き締め直したとて、体感温度は何も変わらない。『生欲』p.25

上の例では「意識を引き締め直す」がバトンとなって前の語り手・寺井啓喜から後の語り手・桐生夏月に渡されています。

本作では、語り手が切り替わるたびにこの「言葉のバトンタッチ」が行われるのです。

 

こういう趣向はおもしろいですね。

 

この仕掛けに気づくと、「次は何の要素で繋がるんだろう」と語り手の切り替え自体が楽しみになってくるんですよ。

物語のテンポの良さにも寄与していて、おもしろい試みだと思いました。

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 

終わりに

『生欲』は、「性的マイノリティ」をテーマに、「多様性」称揚の風潮を風刺する問題提起色の強い一作です。

非常にデリケートなテーマを扱っていながら、ここまで自然に人の心に訴えかける物語を描けるのか、と身震いする想いで読みました。

 

冒頭からラストまで首尾一貫して「一つの主張」を曲げずに描き切っており、朝井リョウさんの「主張」がガンガンと響いてきます。

 

好みの分かれる作品だとは思いますが、「多様性」を無批判に褒めたたえる昨今の風潮に違和感を覚えている人におすすめの一作です。

本記事を読んで、朝井リョウさんの『生欲』がおもしろそうだと思いましたら、ぜひ手に取って読んでみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

孤島の来訪者【感想】『孤島の来訪者』/方丈貴恵:人ならざる殺人者が暗躍する特殊設定ミステリー!前のページ

【感想】『残月記』/小田雅久仁:「月」をモチーフにした異世界を描くSF短編集!次のページ残月記

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときにおすすめなのが、Kindle Unlimited の30日無料体験。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

最初の30日間が無料です。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

いつでも無料で解約できます

 

関連記事

  1. スモールワールズ

    ヒューマンドラマ

    【感想】『スモールワールズ』/一穂ミチ:どこかせつない家族を描いた短編集!

    こんにちは、つみれです。このたび、一穂(イチホ)ミチさんの『スモー…

  2. 夜が明ける

    ヒューマンドラマ

    【感想】『夜が明ける』/西加奈子:夜はいつ明けるのか?二人の男の辛い人生を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、西加奈子(ニシカナコ)さんの『夜…

  3. 滅びの前のシャングリラ

    ヒューマンドラマ

    【感想】『滅びの前のシャングリラ』/凪良ゆう:あと一ヶ月で地球が滅ぶとしたらどうする?

    こんにちは、つみれです。このたび、凪良(ナギラ)ゆうさんの連作短編…

  4. 推し、燃ゆ

    ヒューマンドラマ

    【感想】『推し、燃ゆ』/宇佐見りん:「推し」の存在は人生を豊かにするか?

    こんにちは、つみれです。このたび、宇佐見(ウサミ)りんさんの長編小…

  5. お探し物は図書室まで

    ヒューマンドラマ

    【感想】『お探し物は図書室まで』/青山美智子:本探しサービスで人生が好転する!

    こんにちは、つみれです。このたび、青山美智子(アオヤマミチコ)さん…

  6. 星を掬う

    ヒューマンドラマ

    【感想】『星を掬う』/町田そのこ:自分を捨てた母と再会した女性の成長物語!

    こんにちは、つみれです。このたび、町田(マチダ)そのこさんの『星を…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 狂い壁 狂い窓
  2. あと十五秒で死ぬ
  3. 首が取れても死なない僕らの首無殺人事件
  4. 不眠症
  5. このあと衝撃の結末が

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 密室

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『46番目の密室』/有栖川有栖:理詰めの密室ミステリー!
  2. 透明人間は密室に潜む

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『透明人間は密室に潜む』/阿津川辰海:バラエティ豊かな本格ミステリー短編…
  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『ジェリーフィッシュは凍らない』/市川憂人:SF寄りの本格ミステリー!
  4. 残像に口紅を

    SF

    【感想】『残像に口紅を』/筒井康隆:アメトークで話題沸騰!
  5. Kindle Paperwhite

    読書に関するあれこれ

    Kindle Paperwhite のメリット8つ!
PAGE TOP