新しい星

ヒューマンドラマ

  (最終更新日:2022.04.29)

【感想】『新しい星』/彩瀬まる:再会した学生時代の仲間との穏やかな交流を描く!

こんにちは、つみれです。

このたび、彩瀬(アヤセ)まるさんの『新しい星』を読みました。

 

学生時代に合気道部の仲間だった4人の男女が、30代にさしかかって再会し、ほどよい距離感の友情を復活させる連作短編です。

 

それでは、さっそく感想を書いていきます。

本作は第166回直木賞(2021年下半期)の候補作です。

▼第166回直木賞候補作をまとめています。

>>【2021年下半期】第166回直木賞候補5作まとめ!

作品情報
書名:新しい星

著者:彩瀬まる
出版:文春秋
頁数:232ページ

スポンサーリンク

再会した学生時代の仲間との穏やかな交流を描く!

再会した学生時代の仲間との穏やかな交流を描く

私が読んだ動機

第166回直木賞候補作(2021年下半期)に選ばれたので読みました。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • 30代男女の友情の物語を読みたい
  • 落ち着いた話が好き
  • 読後感のスッキリした物語が好き
  • 直木賞候補作を読みたい

あらすじ・作品説明

学生時代に同じ合気道部で苦楽を共にした男女4人が、十数年ぶりに再会する。

 

4人は大小さまざまな悩みを抱えているが、復活した友情によってそれぞれの悩みとの付き合い方を模索していく。

 

30代半ばにさしかかった4人のそれぞれの悩みと、心地よい距離感の友情を描く一冊。

学生時代の仲間と再会

合気道のシルエット

本作にはメインの登場人物が4人います。

大学時代に合気道部で苦楽を共にしてきた4人の男女が30代にさしかかり、とある出来事をきっかけに十数年ぶりに再会。

現在の4人は、4人とも人生のちょっとした壁にぶつかってしまっている状況です。

しかし、久しぶりに再会した4人の、学生時代の関係をそのまま解凍したような気心の知れた感じがどこかあたたかい。

この再会によって、それぞれの人生が少しだけいい方向に向かっていく、そんな物語となっています。

4人がそれぞれ悩みを抱えている

引きこもり

上にも書いた通り、本作に登場する主役4人はみんな悩みを抱えています。

30代にさしかかり、それぞれが想定していた人生から少し外れてしまっています。

少なくとも彼ら自身はそう思い込んでいるわけです。

でも、彼ら自身がもともと想定していた「普通」からは外れてしまっていても、このそれぞれの悩みがものすごくリアルなんですよ。

それこそ、そういう悩みがあってこそ「普通」だと言わんばかりに。

 

読者のなかにも似たような境遇にある人が多くいそうだと思いました。

 

彼らは「普通」からハミ出たと思っているかもしれないけれど、外から見ると「よくありそうな人生」の範疇なんですよね。

だからこそ、彼らに近い悩みを持っている人には余計に響きそうな物語という印象を受けました。

スポンサーリンク

4人の距離感のすばらしさ

フクジュソウ

本作を読んですばらしいと思ったのが、久しぶりに再会したメインキャラ4人の距離感。

近すぎて煩わしかったり、逆に遠すぎて心の支えにならなかったりということがなく、絶妙に心地よい関係性なんですよ。

人間関係のわずらわしさや面倒くささとは無縁の適度で大人な距離感。

学生時代のやんちゃな部分と、年を重ねたことによる落ち着きが絶妙なバランスで配合された心地よさが温かみのある筆致で綴られています。

また、簡単に恋愛関係とか不倫関係に陥らず、4人の適度な距離感が終始維持されている感じが個人的にはとても良かったです。

仲間の存在が悩みを軽くしてくれる

軽そうな羽根

上にも書いた通り、4人とも自分の人生と向き合うときに多少なり心に重みを感じてしまっています。

その重みが、仲間と触れ合う時間によってちょっとだけ軽くなるんです。

心が安らげる場所があるというのは大事なことなんだな、ということを改めて認識させてくれます。

 

「こういう友達っていいなあ~」と思わせてくれる物語でしたね。

 

2人だけのときのやり取りもいい

植物の蔓

学生時代の仲間4人が集まったときのワイワイした感じもいいのだけれど、そのなかの2人だけでやり取りしている様子などもとても自然で良いんですよ。

心理的に辛い状況にある友人に対して、「どこまでなら踏み込んでも良いのか?」という寄り添う側のバランス感覚の描写が素直にすごい。

相手の負担にならない距離の取り方を自分なりに模索する大人の配慮が微細なタッチで描かれていて思わず感心してしまいました。

正直、本作で扱われているのはかなり微妙で繊細な心情なのですが、それを彩瀬まるさんは非常に丁寧な筆致ですくい取っています。

 

自分では到底説明できない心の機微を、彩瀬まるさんの絶妙な言葉遣いで解説されているような納得感があって、作家のすごさを改めて感じましたね。

 

普段読まないジャンルだけど

本とクローバー

これは個人的な好みの話ですが、私はミステリー小説や歴史小説を好んで読み、本作のような物語はあまり手に取りません。

それこそ直木賞候補にノミネートされなければおそらく読まなかった作品です。

でも、読み終わってみてまず漏れ出たのが「ああ、いい小説だったなあ」という素直な感想。

 

「どこが良かった」というのを言葉にしづらいのだけど、「読んで良かった~!」となる、そんな小説でしたね。

 

私はあまり小説を読んで泣いたりすることはないのですが、本作は鼻がツーンときてしまうくらいに良かったです。

こういう作品と思いがけず出会えることが、賞の候補作をまとめて読むことの醍醐味だと感じましたね。

たまには自分に馴染みのないジャンルの本を読んでみるのもいいものだと改めて思いました。

終わりに

『新しい星』は、学生時代に合気道部の仲間だった4人の男女が、30代にさしかかって再会し友情を復活させる物語です。

 

どんでん返しのような驚きのある展開があるわけではありませんが、4人の近すぎず遠すぎないほどよい距離感が最高に心地よい、とても落ち着いた物語でした。

 

本記事を読んで、彩瀬まるさんの『新しい星』がおもしろそうだと思いましたら、ぜひ手に取って読んでみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

第166回直木賞候補5作まとめ【2021年下半期】第166回直木賞候補5作まとめ!前のページ

【感想】『不村家奇譚』/彩藤アザミ:秘密を抱える一族・不村家を襲う怪異を年代記風に描く!次のページ不村家奇譚

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときにおすすめなのが、Kindle Unlimited の30日無料体験。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

最初の30日間が無料です。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

いつでも無料で解約できます

 

関連記事

  1. 自転しながら公転する

    ヒューマンドラマ

    【感想】『自転しながら公転する』/山本文緒:幸せを追求して悩む女性を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、山本文緒(ヤマモトフミオ)さんの…

  2. ひきなみ

    ヒューマンドラマ

    【感想】『ひきなみ』/千早茜:二人の女性の関係を追いつつ女性蔑視問題に切り込む!

    こんにちは、つみれです。このたび、千早茜(チハヤアカネ)さんの『ひ…

  3. わたし、定時で帰ります。

    ヒューマンドラマ

    【感想】『わたし、定時で帰ります。』/朱野帰子:「絶対に定時で帰る!」OLの物語!

    こんにちは、つみれです。このたび、朱野帰子(アケノカエルコ)さんの…

  4. 犬がいた季節

    ヒューマンドラマ

    【感想】『犬がいた季節』/伊吹有喜:6つの時代の高校生の青春を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、伊吹有喜(イブキユキ)さんの『犬…

  5. 夜が明ける

    ヒューマンドラマ

    【感想】『夜が明ける』/西加奈子:夜はいつ明けるのか?二人の男の辛い人生を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、西加奈子(ニシカナコ)さんの『夜…

  6. 正欲

    ヒューマンドラマ

    【感想】『生欲』/朝井リョウ:「多様性」称揚の風潮を鋭く風刺!

    こんにちは、つみれです。このたび、朝井(アサイ)リョウさんの『生欲…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 密室黄金時代の殺人
  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。
  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪
  4. 真相・猿蟹合戦
  5. わらしべ多重殺人

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 蒼海館の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『蒼海館の殺人』/阿津川辰海:洪水が迫りくるクローズドサークル!
  2. 高瀬庄左衛門御留書

    歴史

    【感想】『高瀬庄左衛門御留書』/砂原浩太朗:五十路男の前進を描く時代小説!
  3. このあと衝撃の結末が

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「このあと衝撃の結末が」/榊林銘:見逃したドラマ終盤十五秒の真相は?
  4. 儚い羊たちの祝宴

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『儚い羊たちの祝宴』/米澤穂信:衝撃のラスト!
  5. まほり

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『まほり』/高田大介:骨太な民俗学ミステリー!まほりの意味とは?
PAGE TOP