つみれ

  1. 三国志 演義から正史、そして史実へ

    歴史

    【感想】『三国志 演義から正史、そして史実へ』/渡邉義浩:演義と正史から史実を導き出す!

    こんにちは、つみれです。このたび、渡邉義浩(ワタナベヨシヒロ)さんの『三国志 演義から正史、そして史実へ』を再読しました。 小説『三国志演義…

  2. 万能鑑定士Qの事件簿 I・II

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『万能鑑定士Qの事件簿』1・2巻/松岡圭祐:鑑定士が謎を解く雑学系ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、松岡圭祐(マツオカケイスケ)さんの『万能鑑定士Qの事件簿』1巻・2巻を読みました。 個人経営の鑑定家業を営…

  3. 硝子の塔の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『硝子の塔の殺人』/知念実希人:奇妙なガラスの尖塔で起こる連続殺人!

    こんにちは、つみれです。このたび、知念実希人(チネンミキト)さんの『硝子(ガラス)の塔の殺人』を読みました。 奇妙なガラスの塔で起こる連続殺…

  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】『シンデレラ城の殺人』/紺野天龍:シンデレラが現行犯逮捕!絶体絶命の法廷劇!

    こんにちは、つみれです。このたび、紺野天龍(コンノテンリュウ)さんの『シンデレラ城の殺人』を読みました。 王子殺しの嫌疑をかけられたシンデレ…

  5. 密室は御手の中

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『密室は御手の中』/犬飼ねこそぎ:山奥の宗教施設で起こる密室殺人の謎!

    こんにちは、つみれです。このたび、犬飼(イヌカイ)ねこそぎさんの『密室は御手(ミテ)の中』を読みました。 怪しげな新興宗教団体の総本山で起こ…

  6. 「屍人荘の殺人」シリーズ

    ミステリー、サスペンス

    「屍人荘の殺人」シリーズ(今村昌弘)の読む順番とあらすじを解説!

    こんにちは、つみれです。今村昌弘(イマムラマサヒロ)さんの描くミステリー小説「屍人荘の殺人」シリーズについて、その特徴や各作品のあらすじ、読む順番をまとめて…

  7. 『明智恭介 最初でも最後でもない事件』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『明智恭介 最初でも最後でもない事件』/今村昌弘:『屍人荘の殺人』の前日譚!

    こんにちは、つみれです。このたび、今村昌弘(イマムラマサヒロ)さんの『明智恭介(アケチキョウスケ) 最初でも最後でもない事件』を読みました。「屍人荘(シ…

  8. 兇人邸の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『兇人邸の殺人』/今村昌弘:異形の殺人鬼が闊歩する屋敷に閉じ込められる!

    こんにちは、つみれです。このたび、今村昌弘(イマムラマサヒロ)さんの『兇人邸(キョウジンテイ)の殺人』を読みました。「屍人荘(シジンソウ)の殺人シリーズ…

  9. invert 城塚翡翠倒叙集

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『invert 城塚翡翠倒叙集』/相沢沙呼:あの城塚翡翠が活躍する倒叙ミステリー短編集!

    こんにちは、つみれです。このたび、相沢沙呼(アイザワサコ)さんの『invert(インヴァート) 城塚翡翠(ジョウヅカヒスイ)倒叙集』を読みました。話題に…

  10. 宇喜多の捨て嫁

    歴史

    【感想】『宇喜多の捨て嫁』/木下昌輝:梟雄・宇喜多直家を複数の人物の視点で描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、木下昌輝(キノシタマサキ)さんの『宇喜多(ウキタ)の捨て嫁』を読みました。自分の娘を嫁がせ油断した相手をだまし討ちにし…

最近の記事

  1. 三国志 演義から正史、そして史実へ
  2. 万能鑑定士Qの事件簿 I・II
  3. 硝子の塔の殺人
  4. 密室は御手の中

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. 読書法

    語彙力の伸ばし方
  2. 犯人像がコロコロ変わる『ダリの繭』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『ダリの繭』/有栖川有栖:コロコロ変わる犯人像!
  3. マンガ

    司馬遷の『史記』をマンガで読もうぜ!
  4. 読んでいる本がつまらない

    読書法

    どうしよう!読んでいる本がつまらない!つまらない本は最後まで読む?
  5. 白昼の死角

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『白昼の死角』/高木彬光:法の目をかいくぐる天才詐欺師を描く!
PAGE TOP