つみれ

  1. 密室黄金時代の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『密室黄金時代の殺人』/鴨崎暖炉:多彩な密室事件が楽しめるクローズドサークル・ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、鴨崎暖炉(カモサキダンロ)さんのミステリー小説『密室黄金時代の殺人 雪の館と六つのトリック』を読みました。 …

  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。』/青柳碧人:日本の昔話をミステリー化…

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編集『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。』を読みました。 …

  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「猿六とぶんぶく交換犯罪」/青柳碧人:復讐の交換犯罪の顛末は!?

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「猿六(サルロク)とぶんぶく交換犯罪」を読みました。 日本の昔話『ぶん…

  4. 真相・猿蟹合戦

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「真相・猿蟹合戦」/青柳碧人:猿蟹合戦の真相とは!?

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「真相・猿蟹合戦」を読みました。 日本の昔話『猿蟹合戦』をモチーフにし…

  5. わらしべ多重殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「わらしべ多重殺人」/青柳碧人:『わらしべ長者』の交換相手が殺人犯!?

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「わらしべ多重殺人」を読みました。 日本の昔話『わらしべ長者』をモチー…

  6. 七回目のおむすびころりん

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「七回目のおむすびころりん」/青柳碧人:何度もループする『おむすびころりん』!

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「七回目のおむすびころりん」を読みました。 日本の昔話『おむすびころり…

  7. 赤い部屋

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「赤い部屋」/江戸川乱歩:不気味な赤い部屋で語られる殺人遊戯の物語!

    こんにちは、つみれです。このたび、江戸川乱歩(エドガワランポ)さんの短編「赤い部屋」を読みました。 怪しげな赤い部屋で開かれる不気味な会で、…

  8. 悪魔の手毬唄

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『悪魔の手毬唄』/横溝正史:村に伝わる手毬唄の歌詞通りに起こる連続殺人!

    こんにちは、つみれです。このたび、横溝正史(ヨコミゾセイシ)さんのミステリー小説『悪魔の手毬唄』を読みました。 名探偵・金田一耕助(キンダイ…

  9. 竹取探偵物語

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「竹取探偵物語」/青柳碧人:『竹取物語』をモチーフにした特殊設定ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「竹取探偵物語」を読みました。 日本の昔話『竹取物語』をモチーフにした…

  10. 黄金虫

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「黄金虫」/エドガー・アラン・ポー:世界初の暗号解読ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、エドガー・アラン・ポーの短編「黄金虫」を読みました。 新種の黄金虫(スカラバエウス)を描いたスケッチに隠さ…

最近の記事

  1. 密室黄金時代の殺人
  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。
  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪
  4. 真相・猿蟹合戦
  5. わらしべ多重殺人

カレンダー

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. Kindle Paperwhite

    読書に関するあれこれ

    Kindle Paperwhite のメリット8つ!
  2. 珈琲の世界史

    歴史

    【感想】『珈琲の世界史』/旦部幸博:コーヒー通史本の決定版!
  3. ミステリー、サスペンス

    【ミステリー聴き放題】オーディブル会員プランで聴き放題対象のおすすめミステリー9…
  4. 第165回直木賞候補5作まとめ

    読書まとめ

    【2021年上半期】第165回直木賞候補5作まとめ!
  5. 信長島の惨劇

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『信長島の惨劇』/田中啓文:戦国版「そして誰もいなくなった」!
PAGE TOP