つみれ

  1. マンガ

    【感想】『伊賀の影丸』/横山光輝:歴史マンガの巨匠が忍者の戦いを描く!読む順番も紹介!

    こんにちは、つみれです。このたび、私が小学生のころに激ハマりした横山光輝さんの忍者マンガ『伊賀の影丸』を再読しました。本作が発表されたのが1961~19…

  2. 読書法

    オンライン読書会のメリット6つ!

    こんにちは、つみれです。オンラインの読書会(zoomやskypeなどのWEB会議システムを使った読書会)に何回か参加し、とても有意義な時間を過ごすこ…

  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『ブルーローズは眠らない』/市川憂人:大胆かつ緻密な密室トリックがすごい!

    こんにちは、つみれです。このたび、市川憂人さんの『ブルーローズは眠らない』(創元推理文庫)を読みました。難解な密室トリック、作るのが難しい青バラの話など…

  4. 歴史

    おすすめ三国志小説5選!おススメ度、難易度も併せて紹介!

    こんにちは、つみれです。三国志を知って25年の私が、困ったさんの悩みに答えます。三国志の小説を読みたいけど、どれから読めばいいかわからない。…

  5. いよいよ三国志らしくなる二巻!

    歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(二)』/王暁磊:いよいよ黄巾の乱勃発!

    こんにちは、つみれです。このたび、王暁磊(オウギョウライ)さんの『曹操(ソウソウ) 卑劣なる聖人(二)』を読み終えました。全10巻のうちの2巻目となりま…

  6. マンガ

    【感想】『大ダーク(1)』/林田球:『ドロヘドロ』の作者が描くユニークなSFファンタジー!

    こんにちは、つみれです。このたび、林田球さんのSFファンタジーコミック『大ダーク(1)』を読みました。なんともすごいマンガに出会ってしまいました。正直、…

  7. 歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(一)』/王暁磊:曹操を主役に据えた長編三国志がおもしろすぎる!

    こんにちは、つみれです。このたび、王暁磊(オウギョウライ)さんの『曹操(ソウソウ) 卑劣なる聖人(一)』を読みました。全部で十巻を数える大長編三国志小説…

  8. ミステリー、サスペンス

    【感想】『迷路館の殺人』/綾辻行人:奇抜すぎる館と作中作の使い方に驚愕!

    こんにちは、つみれです。このたび、綾辻行人さんの『迷路館の殺人』(講談社文庫)を読み終えました。2016年に一度読んでいるので、今回は再読です。『迷…

  9. 自己啓発、ハウツー

    【感想】『脳を鍛えるには運動しかない!』/ジョン・J・レイティ:読むと運動をしたくてたまらなくなり人…

    こんにちは、JOJOと申します。この度なんと当ブログに記事を寄稿させていただくことになりました。私が今回紹介するのは、ジョン・J・レイティ氏の『脳を鍛え…

  10. ミステリー、サスペンス

    【感想】『十角館の殺人』/綾辻行人:孤島系クローズドサークルの傑作!

    こんにちは、つみれです。このたび、綾辻行人さんの『十角館の殺人』(講談社文庫)を読み終えました。2016年に一度読んでいるので、今回は再読ということにな…

最近の記事

  1. いよいよ三国志らしくなる二巻!
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. SF

    【感想】『残像に口紅を』/筒井康隆:アメトークで話題沸騰!
  2. マンガ

    【感想】『伊賀の影丸』/横山光輝:歴史マンガの巨匠が忍者の戦いを描く!読む順番も…
  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『眼球堂の殺人』/周木律:奇抜な館が舞台の理系ミステリー!
  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】『獄門島』/横溝正史:不朽の名作ミステリー!
  5. ミステリー、サスペンス

    【感想】『迷路館の殺人』/綾辻行人:奇抜すぎる館と作中作の使い方に驚愕!
PAGE TOP