感想、書評

  1. invert 城塚翡翠倒叙集

    【感想】『invert 城塚翡翠倒叙集』/相沢沙呼:あの城塚翡翠が活躍する倒叙ミステリー短編集!

    こんにちは、つみれです。このたび、相沢沙呼(アイザワサコ)さんの『invert(インヴァート) 城塚翡翠(ジョウヅカヒスイ)倒叙集』を読みました。話題に…

  2. 宇喜多の捨て嫁

    【感想】『宇喜多の捨て嫁』/木下昌輝:梟雄・宇喜多直家を複数の人物の視点で描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、木下昌輝(キノシタマサキ)さんの『宇喜多(ウキタ)の捨て嫁』を読みました。自分の娘を嫁がせ油断した相手をだまし討ちにし…

  3. 【感想】『黒牢城』/米澤穂信:戦国時代を舞台にした安楽椅子探偵ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、米澤穂信(ヨネザワホノブ)さんの『黒牢城(コクロウジョウ)』を読みました。戦国武将の荒木村重(アラキムラシゲ)が籠城中…

  4. 赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。

    【感想】『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』/青柳碧人:西洋童話を元にした連作短編!

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』を読みました。西洋童話を元にした4つの事件を赤ず…

  5. おれたちの歌をうたえ

    【感想】『おれたちの歌をうたえ』/呉勝浩:昭和・平成・令和の3時代に渡る壮大なミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、呉勝浩(ゴカツヒロ)さんの『おれたちの歌をうたえ』を読みました。元刑事の男が古い友人の残した暗号を、過去の2つの時代の…

  6. 星落ちて、なお

    【感想】『星落ちて、なお』/澤田瞳子:天才絵師を父に持つ娘の苦悩を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、澤田瞳子(サワダトウコ)さんの『星落ちて、なお』を読みました。絵師である河鍋(カワナベ)とよが偉大な父暁斎(キョウサイ…

  7. テスカトリポカ

    【感想】『テスカトリポカ』/佐藤究:骨太なクライムノベル!

    こんにちは、つみれです。このたび、佐藤究(サトウキワム)さんの『テスカトリポカ』を読みました。麻薬カルテルの抗争や臓器売買などが描かれるアングラ感マック…

  8. 高瀬庄左衛門御留書

    【感想】『高瀬庄左衛門御留書』/砂原浩太朗:五十路男の前進を描く時代小説!

    こんにちは、つみれです。このたび、砂原浩太朗(スナハラコウタロウ)さんの『高瀬庄左衛門御留書(タカセショウザエモンオトドメガキ)』を読みました。神山(カ…

  9. スモールワールズ

    【感想】『スモールワールズ』/一穂ミチ:どこかせつない家族を描いた短編集!

    こんにちは、つみれです。このたび、一穂(イチホ)ミチさんの『スモールワールズ』を読みました。家族がテーマのバラエティに富んだ6編を楽しめる短編集です。…

  10. 扉は閉ざされたまま

    【感想】『扉は閉ざされたまま』/石持浅海:犯人と探偵役の頭脳戦が楽しい倒叙ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、石持浅海(イシモチアサミ)さんのミステリー小説『扉は閉ざされたまま』を読みました。都内のペンションで開かれた同窓会の最…

最近の記事

  1. invert 城塚翡翠倒叙集
  2. 宇喜多の捨て嫁
  3. 赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。
  4. おれたちの歌をうたえ

カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 汚れた手をそこで拭かない

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『汚れた手をそこで拭かない』/芦沢央:後味の悪さがクセになるイヤミス短編…
  2. 読書法

    「日本史」がテーマのオンライン読書会に参加したのでレポートを書くぞ!
  3. 歴史

    『銀河英雄伝説』リップシュタット戦役の元ネタを考えるぞ!
  4. ハリー・ポッターと秘密の部屋

    ファンタジー

    【感想】『ハリー・ポッターと秘密の部屋』/J・K・ローリング:ミステリー要素濃い…
  5. 屍人荘の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『屍人荘の殺人』/今村昌弘:ネタバレ厳禁!
PAGE TOP