歴史

  (最終更新日:2021.10.25)

おすすめ三国志小説5選!おススメ度、難易度も併せて紹介!

こんにちは、つみれです。

最近では、いろいろな作家さんが書いていて様々なバリエーションが楽しめるようになった三国志小説。

武将や軍師たちの活躍についワクワクしてしまいますよね。

でも、いざ三国志小説を読もうと思ったら意外と「どれを読めばいいのかな」となってしまいませんか?

 

三国志の小説を読んでみたいなぁ。

だけど、調べてみると三国志の小説はいっぱいあるぞ。

初心者はどれを読んだらいいんだろう・・・。

 
 

困ったさんの質問に答えます!

 

この記事では、三国志を知って25年の私が、各三国志小説に「おススメ度」「難易度」をつけながら紹介していきます。

困ったポイント

三国志の小説を読みたいけど、どれから読めばいいかわからない。

 

スポンサーリンク

おすすめ三国志小説5選!

おすすめ三国志小説5選!おススメ度、難易度も併せて紹介!

吉川英治『三国志』(吉川英治歴史時代文庫、全8巻)

中国の邸宅

吉川英治(ヨシカワエイジ)『三国志』

おススメ度:★★★★★

難 易 度:★☆☆☆☆

三国志小説の王道といえば、吉川英治さんの『三国志』。これはもう本当にめちゃくちゃおすすめです。

吉川版三国志はもととなった中国の小説『三国志演義』を日本人向けにアレンジした作品。

この吉川版がすばらしくおもしろかったから、日本の三国志人気はとても高いんです。

70年以上昔の作品であるにもかかわらず、未だそのおもしろさは色褪せないという恐るべき小説です。

正直、これだけ読んでおけば一般的な三国志トークは十分にできます。

あと、とにかく抜群に読みやすい

かなり古い作品なので、文章や言い回しに古風さを感じますが、リズムが良く心地いい語り口なのでスラスラと読めちゃいますよ。

 

「三国志小説を初めて読むけど、何読もうか・・・」と悩んでいるならこれを選んでおけば間違いありません。

 

ちなみに本作は青空文庫無料で読むことができます。お得ですね!

三国志小説の王道

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 


北方謙三『三国志』(ハルキ文庫、全13巻)

中国の建物

北方謙三(キタカタケンゾウ)『三国志』

おススメ度:★★★★☆

難 易 度:★☆☆☆☆

吉川英治さんの『三国志』が演義準拠なら、北方謙三さんの『三国志』は正史寄りです。

また、吉川版は直球の王道であるのに対し、北方版は若干変化球寄りといえます。

  • 正史『三国志』=歴史書
  • 『三国志演義』=小説

北方版の特徴は様々な人物を語り手に据え、場面が変わるごとに語り手も交代する形で描かれる独特の構成。

複数の人物の視点で三国志の世界を楽しめますよ。

語り手が死ぬとそれ以降はその視点が描かれなくなり、死の喪失感を強烈に感じられるのがとてもよかったです。

 

まさに「滅びの美学」ですね!

 

とにかく登場する人物たちがカッコよく、とてもハードボイルドな三国志に仕上がっています。

例えば、吉川版では頭の悪い武将の代名詞のような呂布が、北方さんにかかると寡黙でストイックなめちゃくちゃカッコイイ武将に早変わり。

北方版オリジナルのキャラクターもそれなりに登場するので、その点は注意ですね。

あとおもしろいのが、兵士の調練(訓練)描写がよく差し挟まれるところ。

化け物みたいに強い武将も裏ではしっかり兵士たちを訓練しているというのがいいんですよ。

こういう描写はやけに心に残るんですよね。

文庫13巻と冊数が多いですが、とても読みやすいのでサクサクと読み進めることができますよ。

ハードボイルドな三国志

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 


宮城谷昌光『三国志』(文春文庫、全12巻)

万里の長城

宮城谷昌光(ミヤギタニマサミツ)『三国志』

おススメ度:★★★☆☆

難 易 度:★★★★★

宮城谷さんの三国志は、演義的な描写をほとんど排除していて、まさに正史『三国志』の小説化といった感じですね。

『三国志演義』は、「三国志」の世界を普及させるために物語的な魅力を肉付けしたという側面があります。

つまり、物語をおもしろくするためにキャッチーなエピソードなどを追加しているのですね。

そういった演義的なエンタメ要素を極力排除し、正史を単純に小説化したのが宮城谷三国志の特徴です。

三国志演義の持つ脚色的なおもしろさをあえて捨てて、純粋な歴史としての三国志を淡々と物語として語っています。

だから三国志初心者にはとっつきづらいところがあります。

一騎当千の武将たちの大活躍を楽しむといった小説ではありません。

しかし、「三国志」を演義主体で勉強していると、必ず「正史」はどんな感じなんだろう、と気になる瞬間がやってきます。

そんなときにこの宮城谷三国志は魅力を最大限に発揮します。

 

上級者向けの三国志小説ですが、正史『三国志』の予習にもなるすばらしい小説ですよ。

 

上級者向け

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 

スポンサーリンク


王暁磊『曹操 卑劣なる聖人』(曹操社、全10巻、続巻)

カーブする万里の長城

王暁磊(オウギョウライ)『曹操 卑劣なる聖人』

おススメ度:★★★★☆

難 易 度:★★★★☆

個人的にイチオシの三国志小説が、王暁磊さんの『曹操 卑劣なる聖人』。

三国志には三つの王朝(魏・呉・蜀)がありますが、そのうちの魏の基礎を作った曹操を主役に据えた小説です。タイトルの通りですね。

曹操の周辺を描くことに特化していて、一言で言うと曹操の視点から三国志世界を見た小説です。

作者の王暁磊さんはとにかく曹操について調べまくっていまして、21世紀の曹操の代弁者を自任するほど。

その豊富な知識が三国志小説としての説得力をかなり補強していて、読んでいて勉強になる三国志小説です!

非常に細かいエピソードやマイナーな人物も登場させていて、まさに正史と演義のいいとこどり!

難易度は若干高めですが、とてもおすすめです。

 

「ちょっと三国志の知識がついてきたな~」くらいのときに読むのがちょうど感じです。

 

2021年2月現在で4巻まで発刊していて以後続巻。私自身もまだ3巻までしか読んでいません。続きがとても楽しみな作品ですね!

>>【感想】『曹操 卑劣なる聖人(一)』/王暁磊:曹操を主役に据えた長編三国志がおもしろすぎる!

曹操特化型の三国志小説


井波律子『三国志演義』(講談社学術文庫、全4巻)

古文書

井波律子(イナミリツコ)『三国志演義』

おススメ度:★★★☆☆

難 易 度:★★★☆☆

これまで紹介してきた三国志小説とは若干毛色が異なりますが、井波律子さんの『三国志演義』もとてもおもしろいです。

これは、中国文学に精通した井波さんが中国の小説「三国志演義」を日本人向けに翻訳した作品です。

つまり、日本人向けに書き直された小説ではなく、中国で長年親しまれてきた物語そのものをそのまま翻訳したものとなります。

難しい用語や当時の習俗などについても井波さんの丁寧でわかりやすい注釈がつけられていますので、とても勉強になりますよ。

いくつか三国志小説を読んでみて、本場中国の三国志演義を日本語で味わいたい!となったときは本作を読むといいでしょう。

 

井波さんの翻訳はクセがなく、とても読みやすいのでお勧めですよ。

 

本場中国の三国志演義を翻訳

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 

比較表

小説

三国志


三国志


三国志

曹操
卑劣なる聖人

三国志演義
作者吉川英治北方謙三宮城谷昌光王暁磊井波律子
出版社講談社角川春樹事務所文藝春秋曹操社講談社
難易度易しい易しい難しい難しい普通
巻数吉川英治歴史時代文庫(講談社)
全8巻
新装版(六興出版)
全10巻
全13巻
+別巻1巻
全12巻
+外伝1巻
全10巻予定全4巻
おすすめ
対象者
初心者
三国志の基本を押さえたい
初心者
変化球好き
上級者
正史の小説版を読みたい
上級者
曹操メインの三国志を読みたい
中級者
本場中国の『三国志演義』を読みたい
Amazon詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

終わりに

ご紹介した三国志小説は、難易度の高低に差はありますがどれもおすすめです。

難易度の★の数を目安に、自分のレベルにあった三国志小説を選ぶといいですよ。

このすばらしい小説たちを通して、ぜひ三国志世界の風に触れてみてくださいね(*´з`)v

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

つみれ

スポンサーリンク

曹操 卑劣なる聖人(二)【感想】『曹操 卑劣なる聖人(二)』/王暁磊:いよいよ黄巾の乱勃発!前のページ

【感想】『ブルーローズは眠らない』/市川憂人:大胆かつ緻密な密室トリックがすごい!次のページ

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときにおすすめなのが、Kindle Unlimited の30日無料体験。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

最初の30日間が無料です。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

いつでも無料で解約できます

 

関連記事

  1. 高瀬庄左衛門御留書

    歴史

    【感想】『高瀬庄左衛門御留書』/砂原浩太朗:五十路男の前進を描く時代小説!

    こんにちは、つみれです。このたび、砂原浩太朗(スナハラコウタロウ)…

  2. 今村省吾『じんかん』

    歴史

    【感想】『じんかん』/今村翔吾:梟雄松永久秀を爽やかに描いた一冊!

    こんにちは、つみれです。このたび、今村翔吾さんの『じんかん』を読み…

  3. 三国志 演義から正史、そして史実へ

    歴史

    【感想】『三国志 演義から正史、そして史実へ』/渡邉義浩:演義と正史から史実を導き出す!

    こんにちは、つみれです。このたび、渡邉義浩(ワタナベヨシヒロ)さん…

  4. 曹操 卑劣なる聖人(三)

    歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(三)』/王暁磊:董卓の専横と兗州抗争!

    こんにちは、つみれです。このたび、王暁磊(オウギョウライ)さんの『…

  5. 歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(一)』/王暁磊:曹操を主役に据えた長編三国志がおもしろすぎる!

    こんにちは、つみれです。このたび、王暁磊(オウギョウライ)さんの『…

  6. 炯眼に候

    歴史

    【感想】『炯眼に候』/木下昌輝:織田信長を7人の視点から多角的に描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、木下昌輝(キノシタマサキ)さんの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

最近の記事

  1. 楽園とは探偵の不在なり
  2. 大鞠家殺人事件
  3. 夏と冬の奏鳴曲
  4. 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件
  5. アルファベット荘事件

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. ミステリー、サスペンス

    【感想】『シンデレラ城の殺人』/紺野天龍:シンデレラが現行犯逮捕!絶体絶命の法廷…
  2. 「屍人荘の殺人」シリーズ

    ミステリー、サスペンス

    「屍人荘の殺人」シリーズ(今村昌弘)の読む順番とあらすじを解説!
  3. 辻村深月の楽しみ方

    ミステリー、サスペンス

    読む順番に気をつけよう!辻村深月の楽しみ方
  4. ひきなみ

    ヒューマンドラマ

    【感想】『ひきなみ』/千早茜:二人の女性の関係を追いつつ女性蔑視問題に切り込む!…
  5. 万能鑑定士Qの事件簿 I・II

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『万能鑑定士Qの事件簿』1・2巻/松岡圭祐:鑑定士が謎を解く雑学系ミステ…
PAGE TOP