珈琲の世界史

歴史

  (最終更新日:2021.12.15)

【感想】『珈琲の世界史』/旦部幸博:コーヒー通史本の決定版!

こんにちは、つみれです。

さて、あなたはコーヒーが好きですか?

私は大好きです。

朝、仕事に取りかかる前に一杯。昼の休憩中に一杯。読書をしながら一杯。

至福ですよね。

そこで、コーヒーの歴史についておもしろく書かれている本はないかと思って探してみました。

 

つまり、コーヒー好き・歴史好き・本好きという三つの好みを持つ私の知的探求心を満たしてくれる本!

 

それが今回感想を書いていく旦部幸博(タンベユキヒロ)さんの『珈琲の世界史』(講談社現代新書)です。

それではさっそく感想を書いていきます。

作品情報
書名:珈琲の世界史 (講談社現代新書)

著者:旦部幸博
出版:講談社 (2017/10/18)
頁数:256ページ

スポンサーリンク

わかりやすいコーヒー通史本

コーヒー通史本の決定版

私が読んだ動機

コーヒーが好きで歴史を調べてみたくなったから。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • コーヒーが好き
  • コーヒーの歴史を知りたい
  • どちらかというと文系寄り

文系に優しいコーヒー通史本

こぼれたコーヒー豆

1ページに一回以上は「コーヒー」という文字が登場しているのではないか?というほど、コーヒーだらけの本です。コーヒーがゲシュタルト崩壊します。

本作は「コーヒーの発祥」「コーヒーの伝播の過程」などについて、時代や事象を限定せず網羅的にコーヒー史を扱っている1冊です。

漠然とコーヒーの歴史を知りたいなぁと思っている人にはうってつけですね。

歴史好きな文系の人向けに書いたと筆者が言っている通り、理系的な知識がなくてもスイスイと読むことができ、親しみやすさは抜群です。

コーヒーとコーヒーノキ

コーヒーの実

コーヒーの歴史の話に入る前に、本書は、まずコーヒーの基礎知識について一通り解説してくれています。

コーヒーの語源や「珈琲」という漢字をあてた人物に触れたり、コーヒーができるまでの過程に触れたりと、知っているようで知らないコーヒーの基礎について知ることができます。

コーヒー豆というのはコーヒーノキという木から採れます。

早い話が、コーヒーノキになる果実の中に半球形の種子が向かい合わせの形で入っていて、これがコーヒー豆です。

スポンサーリンク

コーヒー前史

一杯のコーヒー

コーヒーが嗜好品として飲まれるようになったのはなんと15世紀頃だということです。

意外に歴史が浅いことに驚いてしまいますね。

しかし、これはあくまで「史書に現れるコーヒー」という意味。

古代の民族の生活儀礼や伝説などを詳しく見てみると、どうも15世紀よりもはるか以前に人類とコーヒーが接触していたと推測されるようです。

 

こういう話題は本当にワクワクします。ロマンですよね

 

コーヒーや輸入食品を扱うカルディコーヒーファームというお店があります。日本でも全国展開していますね。

この名前の由来となったカルディというヤギ飼いがコーヒーを発見する伝説などが、コーヒー前史として紹介されています。

エナジーボール

バター

本作では、エチオピアのとある部族がコーヒー豆とバターからつくる「エナジーボール」を兵糧として携帯していたという話も紹介されています。

カフェインの興奮作用とバターのカロリーから気分がハイになり、戦闘時に有効であったと書かれています。ほんとうかよ

それにしてもエナジーボール。なんという強烈で怪しげな名称でしょうか。

これはコーヒー加工品の域を逸脱したネーミングセンスと言わざるをえず、もはやドラゴンボールの必殺技です。

どちらかといえば、大技というよりは普段使いの小技ですかね!何の話だ。

コーヒー発祥・伝播の「物語」

コーヒー豆の世界地図

ここから本格的にコーヒーの歴史に関する内容に入っていきます。

コーヒーの発祥地として重要なのがエチオピア、15世紀に入ってコーヒーがいよいよ活躍しはじめる最初の舞台となったのがイエメン

この2つの国はコーヒーの歴史を語るうえでは欠かせないようです。

コーヒーが人間にとって有用な飲み物であると認識されると、瞬く間に世界に広がっていきます。

その過程は本書に詳しく書かれているのですが、著者である旦部氏も言っているとおり、歴史というよりはまさに「物語」。非常におもしろいです。

コーヒー伝播の過程の各国のコーヒー事情も興味深いエピソードばかり。

今でこそ「紅茶の国」として名を馳せるイギリスが、もともとはコーヒー先進国だった話などは、すぐにでも他の人に話して聞かせたくなりますね。

現代でも今なお産地として有名な地域もあれば、色々な要因でコーヒーとは袂を分かった地域もあるようで、さまざまなコーヒーの栄枯盛衰秘話を楽しむことができます。

コーヒーさび病

コーヒーの実と葉

明るい話だけではありません。

コーヒーノキに感染するさび病という疫病があるそうです。

感染するとコーヒーノキの葉の裏側に赤さびのような斑点が生じることからその名がつきました。

感染したコーヒーノキは枯れ果ててしまうのですが、空気感染するために猛烈ないきおいで広まってしまうのだそうです。おそろしいですね。

19世紀のアジアで猛威をふるい、コーヒー産地として将来有望といわれていたスリランカのコーヒー栽培を壊滅させてしまいます。

スリランカがコーヒー産業から撤退して紅茶の産地になった理由はこういう事情があったと書かれています。こうしてうまれたのがセイロンティーですね。(『珈琲の世界史』p.158)

さび病の蔓延さえなければ、セイロンコーヒーというブランドがあったのかもしれません。幻のコーヒーですねー。

ともあれ、このあたりの疫病との戦いの歴史を知ると、コーヒーのありがたみもいっそう増してきますね。

コーヒーの日本史

コーヒーと紅葉

本書の後半に、「コーヒーの日本史」と題した章があります。

タイトルの通り、日本のコーヒーの歴史について書かれた箇所ということになります。

まずおもしろいのは、わが国日本のコーヒー文化というのは、どうも独自の進化を遂げたようで、本書では「ガラパゴス島のような」という魅力的な表現をしています

日本人がコーヒーに触れた最初期の記録や、大正から昭和にかけての「カフェー」、「純喫茶」事情などが詳説されています。

やはり、自国の歴史というのはおもしろいです。

紅毛船にて「カウヒイ」といふものを勧む、豆を黒く炒りて粉にし、白糖を和したるものなり、焦げくさくして味ふるに堪ず(大田南畝『蜀山人全集・巻三』より)『珈琲の世界史』p.191

日本人による初のコーヒー飲用体験記として紹介されているのが上の一文です。

コーヒーが焦げくさくてまずい、と言っています(笑)

気持ちはなんとなくわかりますね!

「カウヒイ」と書くと、なんとなくかわいらしい感じです。カウヒイ。

コラム「コーヒーブレイク」

一杯のコーヒーとスプーン

本書の魅力的な特徴といえるのが、コラム「コーヒーブレイク」の存在です。

コーヒーの歴史を語りながら、少し本筋から脇道にそれたような内容がおもしろく、箸休め的に楽しむことができるすばらしいコンテンツです。

それでは、どんなコラムがあるのか少しだけ紹介してみましょう。

  • 動物の●●●から採れる最高級コーヒー(『珈琲の世界史』p.32)
  • コーヒー有害論とグスタフ3世の人体実験(『珈琲の世界史』p.109)
  • 緑の黄金(『珈琲の世界史』p.151)
  • 種無しコーヒーの作り方?(『珈琲の世界史』p.162)

ね?おもしろそうでしょ?

どのコラムもキャッチーで読者の心を鷲づかみにしてくるではありませんか!

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 

終わりに

歴史というと、どうしても政治史を中心に考えてしまいがちですが、このようにあるテーマにしぼって歴史を見てみると意外な発見があるものですね。

ナポレオンやベートーヴェンもコーヒーを愛飲した人物として本書には登場します。

こうしてみると、有名な歴史上の人物もなんだか親しみを感じられるではありませんか。

コーヒーという切り口から歴史を再点検する読書体験、非常におもしろかったです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

つみれ

スポンサーリンク

【感想】『双頭の悪魔』/有栖川有栖:読者への挑戦が3つ!?前のページ

司馬遷の『史記』をマンガで読もうぜ!次のページ

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときにおすすめなのが、Kindle Unlimited の30日無料体験。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

最初の30日間が無料です。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

いつでも無料で解約できます

 

関連記事

  1. 心淋し川

    歴史

    【感想】『心淋し川』/西條奈加:江戸の貧乏長屋で暮らす人々を描いた人情もの!

    こんにちは、つみれです。このたび、西條奈加(サイジョウナカ)さんの…

  2. 国盗り物語

    歴史

    【感想】『国盗り物語』/司馬遼太郎:斎藤道三・織田信長の人生を描く傑作!

    こんにちは、つみれです。このたび、司馬遼太郎さんの歴史小説『国盗り…

  3. 塞王の楯

    歴史

    【感想】『塞王の楯』/今村翔吾:最強の楯か、至高の矛か?

    こんにちは、つみれです。このたび、今村翔吾(イマムラショウゴ)さん…

  4. 曹操 卑劣なる聖人(二)

    歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(二)』/王暁磊:いよいよ黄巾の乱勃発!

    こんにちは、つみれです。このたび、王暁磊(オウギョウライ)さんの『…

  5. 星落ちて、なお

    歴史

    【感想】『星落ちて、なお』/澤田瞳子:天才絵師を父に持つ娘の苦悩を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、澤田瞳子(サワダトウコ)さんの『…

  6. 高瀬庄左衛門御留書

    歴史

    【感想】『高瀬庄左衛門御留書』/砂原浩太朗:五十路男の前進を描く時代小説!

    こんにちは、つみれです。このたび、砂原浩太朗(スナハラコウタロウ)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

最近の記事

  1. 狂い壁 狂い窓
  2. あと十五秒で死ぬ
  3. 首が取れても死なない僕らの首無殺人事件
  4. 不眠症
  5. このあと衝撃の結末が

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. ボーンヤードは語らない

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『ボーンヤードは語らない』/市川憂人:「マリア&漣」第4作目はシリーズ初…
  2. 六人の嘘つきな大学生

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『六人の嘘つきな大学生』/浅倉秋成:優秀な学生たちの仮面が剝がれ落ちてい…
  3. まほり

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『まほり』/高田大介:骨太な民俗学ミステリー!まほりの意味とは?
  4. 首が取れても死なない僕らの首無殺人事件

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「首が取れても死なない僕らの首無殺人事件」/榊林銘:首の着脱可能な人間が…
  5. 脳を鍛えるには運動しかない

    自己啓発、ハウツー

    【感想】『脳を鍛えるには運動しかない!』/ジョン・J・レイティ:読むと運動をした…
PAGE TOP