ミステリー、サスペンス

  (最終更新日:2020.11.5)

【感想】『ブルーローズは眠らない』/市川憂人:大胆かつ緻密な密室トリックがすごい!

こんにちは、つみれです。

このたび、市川憂人さんの『ブルーローズは眠らない』(創元推理文庫)を読みました。

難解な密室トリック、作るのが難しい青バラの話など、とてもおもしろいミステリーでした!

『ジェリーフィッシュは凍らない』の続編となります。前作に引き続きタイトルがカッコイイですね!

▼前作の記事

 

それでは、さっそく感想を書いていきます。

作品情報
書名:ブルーローズは眠らない (創元推理文庫)

著者:市川憂人
出版:東京創元社 (2020/3/12)
頁数:384ページ

スポンサーリンク

大胆で緻密なトリックがおもしろい!

私が読んだ動機

前作『ジェリーフィッシュは凍らない』がめちゃくちゃおもしろかったので読みました。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • おもしろい密室ミステリーを読みたい
  • 緊張感あふれる展開でドキドキしたい
  • 理系要素のあるミステリーを読みたい
  • 前作『ジェリーフィッシュは凍らない』がおもしろかった

本作のすばらしいところはまず密室トリックの緻密さと不可解さです。練り込まれた大胆な謎解きを楽しみたい人にはうってつけの一冊です。

とある一家が謎の人物に襲撃される事件が起こるのですが、その描写が緊迫感マックスでめちゃくちゃスリリングです。ドキドキ感を楽しめる一幕ですね!

それから、本作は遺伝について詳細に触れられている箇所があります。この説明がとてもわかりやすく、なおかつトリックにもかかわる重大な要素になっています。

理系ミステリーを読みたいという人におすすめできます。

前作『ジェリーフィッシュは凍らない』に続く「マリア&漣シリーズ」の第二作目にあたる本作ですが、前作がおもしろかった!という人は本作もきっと楽しめることと思います。

スポンサーリンク

2つのシーンを交互に描く

本作は2つのシーンを交互に描いています。つまり下記の2つです。

  • プロトタイプ
  • ブルーローズ

2つの視点を交互に描くことで物語を浮かび上がらせるのは、前作『ジェリーフィッシュは凍らない』でも同様でした。本シリーズの特徴と言えるでしょう。

プロトタイプ

「プロトタイプ」は、両親の虐待に我慢できなくなった少年エリックが、遺伝子研究を行うテニエル博士とその一家に保護され、助手として働き始めるというストーリーです。

「青い花を咲かせるバラは、他のどこにも存在しない。……これはパパの研究成果。パパが創った、世界で初めての青いバラ」

『ブルーローズは眠らない』kindle版、位置No. 587

テニエル博士は「不可能の代名詞」と言われる青いバラを作り出すことに成功した優れた科学者。

つらい過去を経験してきたエリックが、テニエル博士夫妻やその一人娘アイリスと次第に仲良くなっていく様子は心が温まるものがあります。

その一方で、テニエル博士は屋敷の地下室に「実験体七十二号」という得体のしれない生物を飼っており、ただの科学者とも言えないような雰囲気が漂っています。

この一家を凄惨な事件が襲う、という展開を迎えることになります。

謎に満ちたテニエル一家が事件に巻き込まれるというキナ臭い感じにワクワクが止まりませんね!

ブルーローズ

この世に存在しないと言われる「青いバラ」を、ほぼ同時期に作り出すことに成功した二人の人物がいます。

一人がテニエル博士、もう一人がクリーヴランド牧師です。

シリーズの主人公であるマリアと漣は、とある人物の依頼でこの二人を捜査するという流れになっていきます。

マリアたちはテニエル博士、クリーヴランド牧師とそれぞれ面談を行うのですが、その後に待っているのは、温室で切断された首が見つかるという衝撃的な展開。

その温室は、施錠されていた上にバラの蔓が壁や窓を覆いつくしています。

つみれ
つまり、完全なる密室!

 

何者かの意図が働き、マリアたちの捜査も簡単に進んでいかない雰囲気がワクワク感を増幅させます。

二つのパートの楽しみ方

「プロトタイプ」パートは、事件の発端となるできごとが描かれています。

青いバラを作る謎の他に、謎の襲撃者なども登場し、かなりサスペンスフルな話の展開を迎えます。

この緊迫感がとてもいいんです!謎に満ち溢れていてドキドキしますよ!

一方、「ブルーローズ」パートは、美形だけどズボラな上司マリアと、しっかりしているけどイヤミな部下漣の刑事コンビの活躍が見られるパートです。

普段はお互いにイヤミを言い合っているような二人ですが、肝心なところではすばらしい連係プレーを見せてくれますよ。

二人の刑事が活躍する「ブルーローズ」パートは捜査パートと言えるのですが、そのなかでも首切り死体が発見されます。

このように「プロトタイプ」でも「ブルーローズ」でも衝撃的なできごとが起き、それらの関係性がつかめないまま、事件は次第に複雑な様相を呈していきます。おもしろすぎるだろ。

また、「ブルーローズ」パートでは、途中、遺伝に関する説明が差し挟まれるのですが、これがわかりやすくてよかったですね。

つみれ
完全に文系の私でもどうにか理解できる程度にかみくだいて説明してくれているよ。助かったぞ!

 

二つのパートを混同しないように

ちなみに本作、「プロトタイプ」パートと「ブルーローズ」パートで似た人物が似た関係性で登場するので混同しやすいです。

私も最初は結構混乱しました。そこで・・・

つみれ
こんがらがらないように、簡単な人物一覧のメモを作りながら読み進めたぞ

 

といっても、このレベルですが・・・(笑)

本当はもっとかっこいい人物相関図を書きたかったのですが、私には無理でした(笑)

緻密な密室トリック!

本作には密室トリックが登場するのですが、これがすごいです。

かなり大胆でありながら緻密な仕掛けがほどこされていて、必見のトリックになっています。

さらに、ミステリー好きなら大好物の「見取り図」までが用意されているというすばらしさ。

物語重視派の人も、謎解き重視派の人も楽しめる贅沢な作りになっていますよ。

 

 

終わりに

前作『ジェリーフィッシュは凍らない』に続き、めちゃくちゃおもしろいミステリーでした。

二つの物語を交互に追っていく楽しさもさることながら、緻密な密室トリックがすばらしい一冊。謎解きが好きなひとには特におすすめです。

マリアと漣の刑事コンビの活躍も鮮やかでいいシリーズですね。

続編もあるようなので、これも読んでみたいと思います!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

おすすめ三国志小説5選!おススメ度、難易度も併せて紹介!前のページ

オンライン読書会のメリット6つ!次のページ

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときは、Kindle Unlimited の30日無料体験がおすすめです。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

Kindle Unlimited の無料お試し体験はこちら

関連記事

  1. ミステリー、サスペンス

    【感想】『殺しの双曲線』/西村京太郎:冒頭でトリックを種明かし!?

    こんにちは、つみれです。先日、西村京太郎『殺しの双曲線』(講談社文…

  2. ミステリー、サスペンス

    【感想】『儚い羊たちの祝宴』/米澤穂信:衝撃のラスト!

    こんにちは、つみれです。去年、初めて米澤穂信の作品を読みました。…

  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『双頭の悪魔』/有栖川有栖:読者への挑戦が3つ!?

    こんにちは、つみれです。今回は有栖川有栖の「学生アリス」シリーズの…

  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】『迷路館の殺人』/綾辻行人:奇抜すぎる館と作中作の使い方に驚愕!

    こんにちは、つみれです。このたび、綾辻行人さんの『迷路館の殺人』(…

  5. グリコ・森永事件を小説化した作品

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『罪の声』/塩田武士:グリコ・森永事件を小説化!

    こんにちは、つみれです。このたび、塩田武士さんの『罪の声』(講談社…

  6. ミステリー、サスペンス

    【感想】『眼球堂の殺人』/周木律:奇抜な館が舞台の理系ミステリー!

    こんにちは、つみれです。相変わらずクローズドサークルもの(外界との…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

最近の記事

  1. オルタネート
  2. アンダードッグス
  3. 心淋し川
  4. インビジブル
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 国盗り物語

    歴史

    【感想】『国盗り物語』/司馬遼太郎:斎藤道三・織田信長の人生を描く傑作!
  2. 密室

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『46番目の密室』/有栖川有栖:理詰めの密室ミステリー!
  3. オルタネート

    ヒューマンドラマ

    【感想】『オルタネート』/加藤シゲアキ:高校生専用SNSアプリを軸に若者の葛藤と…
  4. 自己啓発、ハウツー

    【感想】『嫌われる勇気』/岸見一郎・古賀史健:アドラー心理学をわかりやすく説明!…
  5. 読書法

    【読書会で聞いた】まだ本を読みたいときの眠気覚まし方法!
PAGE TOP