ミステリー、サスペンス

  (最終更新日:2021.11.3)

「マリア&漣」シリーズ(市川憂人)の読む順番とあらすじを解説!

こんにちは、つみれです。

 

市川憂人(イチカワユウト)さんの描くミステリー小説「マリア&(レン)」シリーズについて、各作品のあらすじや読む順番をまとめていきます。

 

それではさっそく書いていきます。

スポンサーリンク

「マリア&漣」シリーズの作品説明と読む順番!

本格ミステリーシリーズ

探偵道具

「マリア&漣」シリーズは、市川憂人さんが描く本格ミステリーのシリーズです。

2021年11月現在、1~3作目までは文庫本で、最新作の4作目は単行本で刊行されています。

  • 『ジェリーフィッシュは凍らない』
  • 『ブルーローズは眠らない』
  • 『グラスバードは(カエ)らない』
  • 『ボーンヤードは語らない』

全てのタイトルが「~は・・・ない」という名前で統一されているのがナイスセンスですね。

世界観・雰囲気

ハイウェイ

本シリーズは、各作品に通底する雰囲気がとてもユニークです。

舞台は80年代のアメリカのような国(作中ではU国)に設定されていて、パソコンやスマホなどはまだない時代。

しかし、現実世界の80年代の世界と異なる点もあり、各作品ともに何かしらオーバーテクノロジーの産物が登場します。

例えば、第一作目の『ジェリーフィッシュは凍らない』では、タイトルにもある「ジェリーフィッシュ」という架空のクラゲ型飛行船が登場。

このジェリーフィッシュがクローズドサークルの舞台になるというワクワク感マックスのミステリーです。

クローズドサークルの説明は下記の通り。

クローズドサークル

何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品 Wikipedia「クローズド・サークル」

外界との連絡手段が絶たれることも多い。

サークル内にいる人物のなかに高確率で犯人がいると思われたり、捜査のプロである警察が事件に関与できない理由づけになったりなど、パズルとしてのミステリーを効果的に演出する。

「嵐の孤島」「吹雪の山荘」などがその代表例として挙げられる。

二作目の『ブルーローズは眠らない』は、作ることは不可能とされていた「青いバラ」を作出することに成功した人物が事件に巻き込まれていく物語。

このように現実の80年代の科学水準を大きく超えたアイテムが、SF的な世界観を演出し作品の雰囲気を盛り上げてくれます。

また、それらが謎解きの根幹にも関係しているという凝った作りになっているのです。

一応、科学的なウンチクが語られるシーンもありますが、その内容がわからなくてもミステリーを楽しむうえでは何の問題もありませんので安心してくださいね。

2つの視点から語られるシリーズ

本シリーズの特徴の一つとして、2つの視点から物語が語られるということがあります。

例えば、『ジェリーフィッシュは凍らない』では、下記の2つの視点が交互に語られます。

  • ジェリーフィッシュ
  • 地上

どの作品でも、片方の視点は「マリア&漣」の刑事コンビ(本シリーズの主役級キャラ)による捜査パート。

そして、もう片方の視点はゲストキャラたちが事件に巻き込まれる事件パートとなっています。

捜査パートではマリアと漣の軽妙なかけあいと絶妙な推理が楽しめるのですが、この二人のやりとりが本当におもしろいんですよ。

マリアは基本的にズボラで服装や生活習慣もダメダメ。

しかし、直感的でひらめき型の天才肌タイプで肝心な時に推理が冴えわたります。ちなみに超絶美人です。

一方、漣は常にマリアに憎まれ口を叩いている皮肉屋キャラですが、性質はしっかり者で冷静沈着。

ズボラなマリアの足りないところを補うことができる人物です。

 

なかなかいいコンビですよね。

 

そして事件パートでは、ゲストキャラたちが不気味で凄惨な事件に巻き込まれるミステリーが楽しめますよ。

この事件パートは密室やクローズドサークルなどを取り扱っていて、本格ミステリーファンも大満足の内容となっています。

これらの捜査パートと事件パートが交互に語られ徐々に真相に近づいていく構成になっているのですが、もう正直これだけでめちゃくちゃおもしろそうでしょ。

トリックとは別に、2つのシーンがどのように交差し繋がっていくのか、というところも本シリーズの醍醐味の一つですね。

スポンサーリンク

各作品のあらすじ

「マリア&漣」シリーズ各作品のあらすじは下記の通りです。

『ジェリーフィッシュは凍らない』のあらすじ

小型飛空船「ジェリーフィッシュ」の新型機試験航行中に開発メンバーの一人が変死する。

 

航行試験の途中で試験機は雪山に不時着したが、残りのメンバーたちも次々と犠牲になっていく。

 

刑事のマリアとその部下である漣は、搭乗者全員が変死したこのジェリーフィッシュの事件について捜査を開始する。

『ジェリーフィッシュは凍らない』はこんな人におすすめ
  • 本格ミステリーを読みたい
  • 「そして誰もいなくなった」系のミステリーが好き
  • 新感覚のミステリーを味わいたい
  • SF的な設定が好き

▼『ジェリーフィッシュは凍らない』の個別記事

『ブルーローズは眠らない』のあらすじ

大胆かつ緻密な密室トリックがすごい

両親の虐待から逃げ出した少年は、遺伝子研究を生業とするテニエル博士の一家に保護される。

 

テニエル邸で博士の助手として働き始めた少年は、屋敷内に潜む不気味な生物の存在に気づく。

 

一方、刑事のマリアとその部下の漣は、作るのが不可能と言われる青いバラを同時期に作出したテニエル博士とクリーヴランド牧師の二名を捜査するが、その過程で密室状態の温室から切断された首が見つかる。

『ブルーローズは眠らない』はこんな人におすすめ
  • おもしろい密室ミステリーを読みたい
  • 緊張感あふれる展開でドキドキしたい
  • 理系要素のあるミステリーを読みたい
  • 前作『ジェリーフィッシュは凍らない』がおもしろかった

▼『ブルーローズは眠らない』の個別記事

『グラスバードは還らない』のあらすじ

本格ミステリーとパニックもののいいとこどり

刑事のマリアとその部下である漣は希少動植物密売ルートの捜査中、その捜査線上に不動産王ヒューが浮かびあがった。

 

さっそくヒューを訪ねるために最上階が彼の邸宅となっている「サンドフォードタワー」に向かうと、タワーを爆破テロが襲う。

 

一方、ヒューの関係者4名は無機質で不気味なフロアに幽閉されてしまう。

 

ヒューの周辺では過去にも爆発事故が起こっていた。

『グラスバードは還らない』はこんな人におすすめ
  • 奇抜なクローズドサークルものが読みたい
  • スリル感あふれる物語が好き
  • 理系要素のあるミステリーを読みたい
  • 前作『ブルーローズは眠らない』がおもしろかった

▼『グラスバードは還らない』の個別記事

『ボーンヤードは語らない』のあらすじ

「マリア&漣」第4作目はシリーズ初の短編集

「マリア&漣」シリーズ4作目にして、初めての短編集。

 

様々な事件でマリア・漣と共同戦線を張ることになる空軍少佐ジョン・ニッセンの物語や、マリア・漣の過去が描かれる。

 

また、マリアと漣が初めて出会い、タッグを組んで事件に向き合うエピソードも収録。

 

シリーズメインキャラの過去や内面を深く掘り下げていく短編集となっている。

『ボーンヤードは語らない』はこんな人におすすめ
  • 「マリア&漣」シリーズが好き
  • シリーズメインキャラの過去、出会いを知りたい
  • 前作『グラスバードは還らない』がおもしろかった

▼『ボーンヤードは語らない』の個別記事

読む順番

「マリア&漣」シリーズの読む順番については、下記刊行順で読むのがおすすめです。

  1. 『ジェリーフィッシュは凍らない』
  2. 『ブルーローズは眠らない』
  3. 『グラスバードは還らない』
  4. 『ボーンヤードは語らない』

一応、単品で読んでもトリック等は楽しめるように描かれていますが、上記の時系列で読んだほうがキャラクターや細かいエピソードがわかりやすくて一層楽しめると思います。

時間に余裕がある場合や、物語を100パーセント楽しみたい場合には、ぜひ刊行順に読んでいただきたいシリーズです。

終わりに

市川憂人さんの「マリア&漣」シリーズは、マリアと漣の軽妙なかけあいと本格的な謎解きがおもしろいシリーズです。

本記事を読んで、市川憂人さんの「マリア&漣」シリーズを読んでみたいと思いましたら、ぜひ手に取ってみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

グラスバードは還らない【感想】『グラスバードは還らない』/市川憂人:本格ミステリーとパニックもののいいとこどり!前のページ

【感想】『わたし、定時で帰ります。』/朱野帰子:「絶対に定時で帰る!」OLの物語!次のページわたし、定時で帰ります。

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときにおすすめなのが、Kindle Unlimited の30日無料体験。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

最初の30日間が無料です。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

いつでも無料で解約できます

 

関連記事

  1. ミステリー、サスペンス

    【感想】『双頭の悪魔』/有栖川有栖:読者への挑戦が3つ!?

    こんにちは、つみれです。このたび、有栖川有栖さんの「学生アリス」シ…

  2. 赤い部屋

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「赤い部屋」/江戸川乱歩:不気味な赤い部屋で語られる殺人遊戯の物語!

    こんにちは、つみれです。このたび、江戸川乱歩(エドガワランポ)さん…

  3. 汚れた手をそこで拭かない
  4. グラスバードは還らない
  5. 黄金虫

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「黄金虫」/エドガー・アラン・ポー:世界初の暗号解読ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、エドガー・アラン・ポーの短編「黄…

  6. ミステリー、サスペンス

    【感想】『暗色コメディ』/連城三紀彦:伊坂幸太郎が復刊を熱望!

    こんにちは、つみれです。このたび、連城三紀彦(レンジョウミキヒコ)…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 密室黄金時代の殺人
  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。
  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪
  4. 真相・猿蟹合戦
  5. わらしべ多重殺人

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. サピエンス全史

    歴史

    【感想】『サピエンス全史』/ユヴァル・ノア・ハラリ:人類は小麦に家畜化された!?…
  2. 曹操 卑劣なる聖人(二)

    歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(二)』/王暁磊:いよいよ黄巾の乱勃発!
  3. オンライン読書会のメリット6つ

    読書に関するあれこれ

    オンライン読書会のメリット6つ!
  4. 読書に関するあれこれ

    「日本史」がテーマのオンライン読書会に参加したのでレポートを書くぞ!
  5. 時空犯

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『時空犯』/潮谷験:タイムリープと犯人当てをかけ合わせたSFミステリー!…
PAGE TOP