夜が明ける

ヒューマンドラマ

  (最終更新日:2022.04.29)

【感想】『夜が明ける』/西加奈子:夜はいつ明けるのか?二人の男の辛い人生を描く!

こんにちは、つみれです。

このたび、西加奈子(ニシカナコ)さんの『夜が明ける』を読みました。

 

「俺」と「アキ」の二人の人生を通して、現代社会が抱える問題をあぶり出す物語です。

 

本作は、2022年本屋大賞ノミネート作でもあります。

それでは、さっそく感想を書いていきます。

▼2022年本屋大賞ノミネート作をまとめています。

>>【2022年】本屋大賞ノミネート10作まとめ!

作品情報
書名:夜が明ける

著者:西加奈子
出版:新潮社(2021/10/20)
頁数:416ページ

スポンサーリンク

夜はいつ明けるのか?

夜はいつ明けるのか

私が読んだ動機

2022年本屋大賞にノミネートされたので読んでみようと思いました。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • 貧困・虐待・過重労働などのテーマに興味がある
  • 現代社会が抱える問題をテーマにした物語を読みたい
  • 二人の視点を切り替えながら展開する物語が好き

あらすじ・作品説明

高校時代に俺は深沢暁(フカザワアキラ)という男に出会う。

 

暁はフィンランドの無名の俳優、アキ・マケライネンにそっくりだったので、俺はそれを教えてやった。

 

それ以来、暁はアキの言動を真似るようになり、周囲からも「アキ」と呼ばれるようになる。

 

高校時代から33歳までの俺とアキの人生を交互に描く。

俺とアキの友情の物語

太陽に手を差し伸べる

本作『夜が明ける』は、高校時代に出会った俺とアキの二人の人生を交互に描いていく物語です。

 

主人公の「俺」は名前が最後まで明かされません。

 

一方、「アキ」はニックネームで本名は深沢暁です。

基本的に俺が語り手となって物語が進行していきますが、アキのことを描くシーンでは「俺の語り」と「アキの語り」が入り混じる不思議な構造となっています。

二人の出会い

ビデオテープ

もともと映画好きだった俺は、いかつい風貌で孤立していた深沢暁を見てフィンランドの無名俳優「アキ・マケライネン」に似ていることに気づきます。

実際に俺はそのことを暁に教えてやると、暁はアキ・マケライネンにドはまりし、その言動を真似るようになります。

下手をすれば孤立しっぱなしだった恐れのある暁は、その「モノマネ」が周囲に受け、いつしか「アキ」と呼ばれるようになり友人が増えていきます。

本作は「アキ・マケライネン」で繋がった俺とアキの友情の物語なのです。

前編と後編

前と後

本作は、物語が前編と後編に分かれており、両者で読み心地が全く異なります。

前編

青空と黄色い花

前編は俺とアキが高校時代に出会うところから、社会に出る直後までの時期を描きます。

暗い描写もありますが、基本的には未来に希望を抱く若者の物語です。

俺も「世界を変えたい」という野望を持ってテレビ関係の仕事に就くなど、未来を見据えた展開に希望を感じます。

後編

曇天

部分的に辛い描写を含みながらも基本的には希望の物語であった前編に対し、後編は絶望ムードが漂っています。

後編で描かれているのは、前編の時期から数年が経過し、社会に潰され希望を失い疲れ切っている二人。

 

とにかくこの後編が本当に希望がなくて辛いんですよ。

 

社会に出て辛い思いをする人は数多くいると思いますが、弱小の映像会社でボロくずのようになるまで使い倒された俺の疲弊した姿は本当にキツそうの一言。

後編の俺の物語は過重労働が一つのテーマになっていて、仕事に潰される辛い男の人生が描かれています。

一方のアキも「アキ・マケライネン」に憧れて劇団に入るものの、従来のコミュニケーションの下手さが災いし辛い経験を繰り返すことに。

俺とアキが互いに別々の道を進んだ先は、まさに暗い夜の道。

いつこの夜が明けるのか・・・となかば祈るような気持ちで読み進める読書でした。

数々の問題提起

ハテナのブロック

本作は、貧困・虐待・過重労働などを現代社会が抱える問題を広く扱っています。

「貧困」と「奨学金」問題

奨学金

本作のテーマの一つは、「貧困」と「奨学金」の問題。

 

貧困について、大学の奨学金返済の問題と絡ませて書いている点がとても良かったです。

 

「奨学金」は進学のためにお金が融通される制度ですが、目的を「進学」に置いている以上、語感的にプラスのイメージが漂いますよね。

しかし、実質的には借金と同じであり、「奨学金」という言葉はそういった印象を与えないズルい響きがあります。

結局、「奨学金」の語感に惑わされて後悔する若者が後を絶たないわけですから、最初から「借金」と言ってあげたほうがどれだけ親切だろうか!と思ってしまいます。

無知であることがリスクとなる現代社会において、こういう問題に真正面から切り込んでいる点はすばらしいと思いました。

ネタバレを避けるためここで詳細を書くことはしませんので、具体的にどんな事件が起こるかについては本編を読んでみてくださいね。

二人の家庭環境

怒る母

俺とアキの二人はともに家庭環境によって苦労することになります。

ですが、高校時代に限定すると俺は恵まれた環境にあり、彼が貧困に喘ぐようになるのはだいぶ後の話となります。

一方、アキは物語冒頭部から一貫して恵まれない家庭環境にあります。

アキの物語はストレートに「貧困」と「虐待」がテーマになっていて、俺との関わり以外は基本的に辛い描写が多かったですね。

最初は恵まれた環境にあったのが徐々に「貧困」方向に向かっていく「俺の物語」と、もともと「貧困」の底にいた「アキの物語」。

「貧困」という共通点はありますが、印象はだいぶ違ったものとなっていますね。

何を描きたかったのか

トルコキキョウ

上記の私の感想・作品説明を読んでもらうと伝わるかもしれませんが、正直、作者・西加奈子さんの主張が私に理解できているのか不安な読書となりました。

下記は本作に対してネタバレ・批判的な内容を含みますので、嫌な人は見ないでね。

ネタバレあり!読了済の人だけクリックorタップしてね

本作を読み終わってまず思ったのは「結局、西加奈子さんは何を描きたかったのか?」ということ。

現代社会の抱えるさまざまな課題に対し、問題提起的な姿勢を持って本作が描かれていることはわかります。

しかし、如何せん「あれもこれも」と詰め込みすぎていてかえって焦点が定まっていない印象を受けます。

そのせいか序盤では本作が何を主張したいのかがいまいち伝わってきませんでした。

終盤になってようやく西加奈子さんの主張らしきものが出てきますが、それも個人的に納得できるものではありません。

ラストまで読むと、いちおう本作における作者の主張は理解できます。

しかし、「それができないから苦しんでいる人がいるのだ」という思いがどうしてもぬぐい切れずモヤモヤした感覚が残りました。

正直、この種の物語としては説得力に欠けています。

今の段階では、私の感想は少し辛辣なものとなってしまいましたが、これは私の読解力の問題かもしれません。

時を置いて再読したときに本作の印象がどのように変わるのか、その時を楽しみに待ちたいと思います。

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 

終わりに

『夜が明ける』は、「俺」と「アキ」の二人の人生を通して、現代社会が抱える問題をあぶり出す物語です。

本記事を読んで、西加奈子さんの『夜が明ける』がおもしろそうだと思いましたら、ぜひ手に取って読んでみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

残月記【感想】『残月記』/小田雅久仁:「月」をモチーフにした異世界を描くSF短編集!前のページ

【感想】「ベレニス」/エドガー・アラン・ポー:喪失感と不気味さがダイレクトに伝わる一編!次のページベレニス

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときにおすすめなのが、Kindle Unlimited の30日無料体験。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

最初の30日間が無料です。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

いつでも無料で解約できます

 

関連記事

  1. 星を掬う

    ヒューマンドラマ

    【感想】『星を掬う』/町田そのこ:自分を捨てた母と再会した女性の成長物語!

    こんにちは、つみれです。このたび、町田(マチダ)そのこさんの『星を…

  2. 自転しながら公転する

    ヒューマンドラマ

    【感想】『自転しながら公転する』/山本文緒:幸せを追求して悩む女性を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、山本文緒(ヤマモトフミオ)さんの…

  3. わたし、定時で帰ります。

    ヒューマンドラマ

    【感想】『わたし、定時で帰ります。』/朱野帰子:「絶対に定時で帰る!」OLの物語!

    こんにちは、つみれです。このたび、朱野帰子(アケノカエルコ)さんの…

  4. 正欲

    ヒューマンドラマ

    【感想】『生欲』/朝井リョウ:「多様性」称揚の風潮を鋭く風刺!

    こんにちは、つみれです。このたび、朝井(アサイ)リョウさんの『生欲…

  5. 推し、燃ゆ

    ヒューマンドラマ

    【感想】『推し、燃ゆ』/宇佐見りん:「推し」の存在は人生を豊かにするか?

    こんにちは、つみれです。このたび、宇佐見(ウサミ)りんさんの長編小…

  6. 犬がいた季節

    ヒューマンドラマ

    【感想】『犬がいた季節』/伊吹有喜:6つの時代の高校生の青春を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、伊吹有喜(イブキユキ)さんの『犬…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 密室黄金時代の殺人
  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。
  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪
  4. 真相・猿蟹合戦
  5. わらしべ多重殺人

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. 推し、燃ゆ

    ヒューマンドラマ

    【感想】『推し、燃ゆ』/宇佐見りん:「推し」の存在は人生を豊かにするか?
  2. 夏と冬の奏鳴曲

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『夏と冬の奏鳴曲』/麻耶雄嵩:雪が降る夏の孤島で繰り広げられる邪道ミステ…
  3. キャプテンサンダーボルト

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『キャプテンサンダーボルト』/阿部和重・伊坂幸太郎:名言いっぱい!
  4. 儚い羊たちの祝宴

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『儚い羊たちの祝宴』/米澤穂信:衝撃のラスト!
  5. 2021年本屋大賞ノミネート作品10作まとめ

    読書まとめ

    【2021年】本屋大賞ノミネート10作まとめ!
PAGE TOP