読書まとめ

  (最終更新日:2021.02.24)

【2020年下半期】第164回直木賞候補6作まとめ!

こんにちは、つみれです。

第164回直木賞候補(2020年下半期)の6作品を読み終えましたので、各作品を振り返ってまとめたいと思います。

それではさっそく書いていきます。

※2021年1月20日追記

第164回直木賞は、西條奈加(サイジョウナカ)さんの『心淋(ウラサビ)し川』が受賞しました。

おめでとうございます!

スポンサーリンク

第164回直木賞候補6作まとめ!

『汚れた手をそこで拭かない』/芦沢央

第164回直木賞候補の1作目は、芦沢央(アシザワヨウ)さんのミステリー短編集『汚れた手をそこで拭かない』です。

収録された5編はともに、読み終わったあとの後味の悪さが魅力の「イヤミス」(嫌な気分になるミステリー)。

こんな人におすすめ!
  • 「イヤミス」が好き
  • ミステリー短編集が読みたい
  • 「焦燥感」「緊迫感」のある物語が好き

登場人物が自分に都合の悪いことをごまかしたり隠したりしようとして、結局、それがバレてしまったときの「焦燥感」「切迫感」などが、芦沢さんの端正な文章で綴られています。

特におすすめなのは2編目「埋め合わせ」ですね!

緻密に計算された不穏さ全開の5編を味わっていただきたい作品です。

▼関連記事

作品情報
書名:汚れた手をそこで拭かない

著者:芦沢央
出版:文春秋(2020/9/26)
頁数:237ページ

『八月の銀の雪』/伊与原新

第164回直木賞候補の2作目は、伊与原新(イヨハラシン)さんの短編集『八月の銀の雪』です。

収録の5編は、心がじんわりとあたたかくなるような優しい物語となっています。

こんな人におすすめ!
  • じんわりと心があたたかくなるような短編が読みたい
  • 普通の人たちの再生の物語、再出発の物語が好き
  • 陰鬱な物語・殺伐な物語に疲れてしまった

作者の伊与原さんは以前に大学の理学部助教として働いていたことがあるそうで、本作の各編を彩る多岐にわたる自然科学的要素はその面影を濃厚に残しています。

まさに「人間ドラマ」と「自然科学」を融合させためずらしい作風。

表題作「八月の銀の雪」、「玻璃(ハリ)を拾う」の2編が特によかったです。

個人的には、今回の直木賞候補作のなかでイチオシの作品がこの『八月の銀の雪』となります。

▼関連記事

作品情報
書名:八月の銀の雪

著者:伊与原新
出版:新潮社(2020/10/20)
頁数:255ページ

『オルタネート』/加藤シゲアキ

高校生専用のSNSアプリを軸に若者の葛藤と成長を描く

第164回直木賞候補の3作目は、加藤シゲアキさんの青春小説『オルタネート』です。

「オルタネート」という高校生専用のSNSアプリを軸に、3人の若者の葛藤と成長を描いた作品となっています。

こんな人におすすめ!
  • 青春物語が読みたい
  • 複数の物語が並行で進行する小説が好き
  • SNS・マッチングアプリをテーマにした物語が読みたい

3人の主人公を物語の主軸に据え、3つのストーリーが交互に語られていく群像劇スタイルが特徴で、各物語が交差するシーンが楽しめたりとよく練り込まれた一作です。

また、マッチングアプリや、遺伝子情報による相性診断、LGBTなど、多様なテーマを物語中に組み込んでおり、現代社会に生きる一人の書き手としての加藤シゲアキさんの洞察に触れられる作品でもありました。

▼関連記事

作品情報
書名:オルタネート

著者:加藤シゲアキ
出版:新潮社(2020/11/19)
頁数:384ページ

スポンサーリンク

『心淋し川』/西條奈加

江戸の貧乏長屋で暮らす人々を描く

第164回直木賞候補の4作目は、西條奈加さんの時代小説『心淋し川』。

本作は、江戸時代が舞台の人情もの6編を集めた連作短編集です。

こんな人におすすめ!
  • 人情ものが好き
  • 時代小説が好き
  • 江戸時代の庶民の生活に興味がある
  • わかりやすいハッピーエンドよりも解釈の分かれる物語が好き

千駄木町の一角に流れる淀んだ川「心淋し川」の両岸に並ぶ長屋に住んでいる、さまざまな事情を抱えた人物たちの一筋縄ではいかない人生を、切なく人情味あふれる筆致で綴っています。

人と人の関わりと心の動きをメインに描いた作品ですが、ミステリー的な味わいや連作短編ならではの仕掛けなど、多様な楽しみ方ができる一冊です。

▼関連記事

作品情報
書名:心淋し川

著者:西奈加
出版:集英社(2020/9/4)
頁数:248ページ

『インビジブル』/坂上泉

刑事バディが戦後大阪の闇に切り込む

第164回直木賞候補の5作目は、坂上泉(サカガミイズミ)さんのミステリー小説『インビジブル』です。

大戦後に大阪で起きた連続殺人事件に挑む刑事たちを描いた長編作品となっています。

こんな人におすすめ!
  • 警察もの、バディものが好き
  • 裏社会の事情に興味がある
  • 大戦中、大戦直後の世相や事件について知りたい

読者に対し謎を投げかけ、それを解く過程で楽しませるタイプのミステリーではなく、あくまで物語・世界観を楽しむタイプのミステリーです。

ソリのあわない刑事バディが、仕事を通してお互いに認め合っていく様子に胸が熱くなります。

また、大戦中・大戦直後の大阪の雑多で混沌とした雰囲気を濃厚に伝えるダークな筆致が特徴的ですが、何より驚いたのが本作を書いたのが平成生まれの若手作家だということ。

若手作家の描く昭和中期の世界をぜひ味わっていただきたい作品です。

▼関連記事

作品情報
書名:インビジブル

著者:坂上泉
出版:文春秋(2020/8/26)
頁数:352ページ

『アンダードッグス』/長浦京

負け犬たちが国家機密強奪作戦の完遂を目指す

第164回直木賞候補の6作目は、長浦京(ナガウラキョウ)さんのアクションサスペンス作品『アンダードッグス』です。

香港返還(1997年)直前の各国情報機関同士のキナ臭いやり取りに巻き込まれながら、主人公の古葉慶太(コバケイタ)たちが重大な任務を遂行していく長編小説です。

こんな人におすすめ!
  • アクションサスペンスが読みたい
  • バイオレンスな物語が好き
  • 先が読めない展開の物語が好み
  • 香港返還に関する小説が読みたい

とにかくスピード感・スリル感にあふれる一作で、物語は緊張の連続、常に死と隣り合わせで落ち着くヒマがまったくありません。

予想を裏切る展開の連続で、先が読めないおもしろさという意味では候補作随一。

エネルギッシュでバイオレンスなアクションドラマが好きならおすすめの一作です。

▼関連記事

作品情報
書名:アンダードッグス

著者:長浦京
出版:KADOKAWA(2020/08/19)
頁数:400ページ

終わりに

今回、初めて直木賞候補作を選考会までに全部読むというチャレンジをやってみました。

普段、私が読まないような作品にも出会うことができ、大変たのしかったです。

本記事を読んで、第164回直木賞候補の6作に興味を持たれましたら、ぜひ手に取って読んでみてください。

また、各作品の個別記事も書いていますので、詳細を知りたい場合はそちらも読んでいただけると嬉しいです!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

オルタネート【感想】『オルタネート』/加藤シゲアキ:高校生専用SNSアプリを軸に若者の葛藤と成長を描く!前のページ

【感想】『ハリー・ポッターと賢者の石』/J・K・ローリング:魔法学校での大冒険活劇!次のページハリー・ポッターと賢者の石

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときは、Kindle Unlimited の30日無料体験がおすすめです。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

Kindle Unlimited の無料お試し体験はこちら

関連記事

  1. 読書まとめ

    2020年に読んでおもしろかった本ベスト5

    こんにちは、つみれです。12月も半ばを過ぎましたので、この1年を振…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 蒼海館の殺人
  2. 透明人間は密室に潜む

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

応援・ご支援

これからの活動を応援してやるぜ!という方はどうぞよろしくお願いいたします!とても励みになります!

 

OFUSE(50円から支援できます)

  1. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

    ファンタジー

    【感想】『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』/J・K・ローリング:SF要素が楽…
  2. みんなで本をもちよって

    読書法

    【本で遊ぶ】「みんなで本をもちよって」は本で遊べておもしろいアナログゲーム!
  3. マンガ

    【感想】『大ダーク(1)』/林田球:『ドロヘドロ』の作者が描くユニークなSFファ…
  4. エッセイ

    【感想】『旅の途中』/スピッツ:スピッツの歴史を読む!
  5. 『クジラアタマの王様』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『クジラアタマの王様』/伊坂幸太郎:小説なのにマンガが!?
PAGE TOP