感想、書評

  1. 【感想】『応仁の乱』/呉座勇一:難しい応仁の乱を詳しく説明!

    こんにちは、つみれです。さて、応仁の乱です!数ある日本史の戦乱のなかでも屈指の知名度を誇り、多くの人が中学校で習います。 義政の意思むなしく応仁…

  2. 司馬遷の『史記』をマンガで読もうぜ!

    こんにちは、つみれです。さて、『史記』という中国の歴史書をご存知でしょうか。歴史書ときくと、もうそれだけで蕁麻疹があらわれたり、呼吸困難になったりする人…

  3. 【感想】『珈琲の世界史』/旦部幸博:コーヒー通史本の決定版!

    こんにちは、つみれです。さて、あなたはコーヒーが好きですか?私は大好きです。朝、仕事に取りかかる前に一杯。昼の休憩中に一杯。読書をしながら一杯。…

  4. 【感想】『双頭の悪魔』/有栖川有栖:読者への挑戦が3つ!?

    こんにちは、つみれです。今回は有栖川有栖の「学生アリス」シリーズのお話です。英都大学推理小説研究会のメンバーが旅先の山や島に閉じ込められた上、殺人事件に…

  5. 【感想】『かがみの孤城』/辻村深月:感動の一作。これはすごい。

    こんにちは、つみれです。私は辻村深月の作品が大好きなのですが、最近は他の作家さんの作品も手に取ることが多くなって、相対的に辻村作品を読む機会が減ってきていま…

  6. 【感想】『サピエンス全史』/ユヴァル・ノア・ハラリ:人類は小麦に家畜化された!?

    世界中の著名人、知識人が絶賛しているという話題の本、世界的なベストセラー、ユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』(柴田裕之・訳、河出書房新社)。いつか読…

  7. 【感想】『嫌われる勇気』/岸見一郎・古賀史健:アドラー心理学をわかりやすく説明!

    こんにちは、つみれです。ダイヤモンド社の『嫌われる勇気』を読みました。アドラー心理学をかなりわかりやすく書いた本だということで話題になりましたね。本…

  8. 【感想】『殺しの双曲線』/西村京太郎:冒頭でトリックを種明かし!?

    こんにちは、つみれです。先日、西村京太郎『殺しの双曲線』(講談社文庫)を読みました。いきなりですが、本作の冒頭箇所をご紹介いたしましょう。この推…

  9. 【感想】『眼球堂の殺人』/周木律:奇抜な館が舞台の理系ミステリー!

    こんにちは、つみれです。相変わらずクローズドサークルもの(外界との往来が断たれ孤立するミステリー)にハマっています。クローズドサークルといっても舞台はい…

  10. 【感想】『月光ゲーム』/有栖川有栖:学生アリスシリーズ第1弾!

    こんにちは、つみれです。私、クローズドサークルもの(外界との往来が断たれ孤立するミステリー)が大好きです。インターネットで物色していると、有栖川有栖の「…

最近の記事

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
  1. 歴史

    初心者向け 三国志のおすすめの楽しみ方
  2. ミステリー、サスペンス

    【感想】『ジェリーフィッシュは凍らない』/市川憂人:SF寄りの本格ミステリー!
  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『獄門島』/横溝正史:不朽の名作ミステリー!
  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】『紅蓮館の殺人』/阿津川辰海:探偵、山火事、からくり館!
  5. 雑記

    去年に引き続き名古屋の読書オフ会に参加したぞ(名古屋旅行2019)
PAGE TOP