老虎残夢

ミステリー、サスペンス

  (最終更新日:2022.04.29)

【感想】『老虎残夢』/桃野雑派:特殊能力を持つ武術の達人たちが活躍する特殊設定ミステリー!

こんにちは、つみれです。

このたび、桃野雑派(モモノザッパ)さんの長編ミステリー小説『老虎残夢(ロウコザンム)』を読みました。

 

中国エンタメ武侠(ブキョウ)」の要素を盛り込んだ特殊設定ミステリーです。

 

それでは、さっそく感想を書いていきます。

本作は、第67回江戸川乱歩賞受賞作です。

作品情報
書名:老虎残夢

著者:桃野雑派
出版:講談社(2021/9/16)
頁数:338ページ

スポンサーリンク

特殊能力を持つ武術の達人たちが活躍する特殊設定ミステリー!

特殊能力を持つ武術の達人たちが活躍する特殊設定ミステリー

私が読んだ動機

ミステリー好きの友人から薦められて読みました。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • 本格ミステリーが読みたい
  • 特殊設定ミステリーが好き
  • 武侠小説が好き
  • 百合が好き

あらすじ・作品説明

湖に浮かぶ孤島の楼閣で、武術の達人・梁泰隆(リョウタイリュウ)が死んだ。

 

「奥義」を授けるという名目で、武侠と呼ばれる3人の武術家たちを招集した直後のできごとだった。

 

怪しげな武侠たちが集まると同時に起きた、密室状態の湖上の楼閣での不可解な死。

 

彼の弟子にして一流の武侠でもある女性・蒼紫苑(ソウシオン)が師父の死の謎に挑む。

武術の達人・武侠

太極拳をする女性のシルエット

本作『老虎残夢』は、中国の南宋時代(1127年~1279年)を舞台にした武侠本格ミステリーです。

ちなみに、武侠小説とは中国のエンタメ小説の一ジャンル。

 

武術を得意とし、義侠という特殊な価値観を重んじる「武侠」と呼ばれる人々を中心に描く作品のことです。

 

武術の達人である武侠たちは厳しい修行を経て、特殊な能力を身につけています。

たとえば、水上を歩行したり、足跡を残すことなく雪上を移動したりといった具合ですね。

本作の登場人物は大部分が武侠で、それぞれ異なる特殊な技術を持っているんです。

外功(ガイコウ)」「内功(ナイコウ)」などの武侠用語がよく出てくるため、武侠関連に興味がある人はニヤニヤできるかもしれませんね。

外功は肉体的な力、内功は体内で生み出される力のこと(作中序盤で詳しい説明があります)

ただ、私のように武侠を全く知らない人でも、序盤で詳しい解説があるため心配はいりません。

そして本作のおもしろい点は、この武侠たちを本格ミステリーの世界で扱ったところなんですよ。

特殊設定ミステリー

朝焼けがさしている島

本作は、常人には不可能な特殊な技術を身につけた武侠が登場する本格ミステリーです。

とある湖の中央に浮かぶ島に建つ楼閣「八仙楼(ハッセンロウ)」で不審死事件が起こります。

死んでいたのは主人公・蒼紫苑の師に当たる老武侠の梁泰隆。

死体発見時に湖で唯一の船は島側にあり、一見するとこれは不可能犯罪です。

 

しかし、本作の登場人物は武侠なのです。

 

上にも書いた通り、武侠は特殊な能力を持っていて、なかには水上歩行ができる者がいます。

つまり、水上歩行を習得している武侠は湖上の島に渡って犯罪の実行が可能ということ。

本作は、武侠たちの特殊能力と孤島系クローズドサークルをかけ合わせた特殊設定ミステリーとなっているわけです。

本作の醍醐味は、習得している能力によって当該人物が犯罪を実行できたかどうかを判断するというミステリーとしてオリジナリティあふれる設定。

アリバイだけでなく、所有能力の有無によって犯人を絞り込むという独特のおもしろさが光っています。

 

なにより、武侠小説の世界観で本格ミステリーをやってしまうというユニークさが新鮮で良かったですね。

 

個性的な登場人物

太極拳をする男性のシルエット

本作最大の魅力は、個性的な武侠たちのキャラクターです。

主人公の蒼紫苑は、「軽功(ケイコウ)」という武術の極意を修めた女性武侠で自分の体重を極限まで減らすことができます。

その他、姉御肌で商才豊かな女性や気さくで少しズボラ系の男性、外功(肉体的なパワー)に全振りした僧侶など、各武侠のキャラ造形がかなり魅力的です。

彼らは武侠と呼ばれる人種なのでそれぞれ特殊技能を身につけているのですが、それも各キャラにマッチしていて良かったですね。

キャラクター・性格・特殊能力を結び付けて覚えるのが大変そうと思うかもしれませんが心配無用。

登場人物がそれほど多くない上、全員が個性豊かで覚えやすく、人間関係も複雑ではないのでミステリーに慣れていない人でも安心して楽しめますよ。

百合要素

百合

本作を大きく特徴づけているのが、そこそこ強めな百合(女性同士の恋愛)要素です。

主人公の女性武侠・蒼紫苑と、その師父である梁泰隆の養女・恋華(レンカ)が百合の関係にあります。

 

これに関しては好みの問題ですが、正直なところ、個人的には百合要素はあってもなくてもどちらでもいいかなという感じでした。

 

百合が好きな人にとっては、本作をよりいっそう楽しめること間違いなしですね。

この百合要素はそれほど物語本筋には深く関わってこないので、私のように百合に興味がない人でもサラッと流して読めてしまいます。

ただ、物語として完全に浮いた設定というわけではなく「師弟及びその縁者との恋愛はご法度」という武侠の世界の約束事によって物語に緊張感が生まれているのは良かったです。

百合が好きな人はぜひ本作『老虎残夢』をチェックしてみてくださいね。

ミステリーとして

海に浮かぶ孤島

水上の孤島で起こる密室殺人と武侠の特殊能力を絡め、特殊設定ミステリーを展開するのは非常に魅力的なテーマですね。

 

と言いつつ、個人的にはミステリー要素は薄めという印象でしたね。

 

正直に言うと、「特殊設定を生かした本格ミステリー・中国歴史もの・武侠同士のバトル・百合」と、要素を多く盛り込みすぎている感があります。

武侠の特殊能力と本格ミステリーをかけ合わせた部分をもっと濃厚に読みたかった気持ちが強いです。

もし続編があるなら、武侠の特殊設定を生かした本格ミステリーの方向に深く掘り下げていってほしいと思いました。

歴史ものとして

夕焼け

個人的におもしろかったのが、中国南宋時代の歴史的背景の描写です。

私は南宋時代の歴史にはあまり詳しくありませんが、作者による丁寧でわかりやすい説明が加えられているのでスラスラと読めてしまいます。

 

悲劇の名将・岳飛(ガクヒ)などの名前も登場し、この時代の歴史を勉強してみたくなりました。

 

このあたりは歴史小説を読んで知識を増やす楽しさを感じられてとても良かったです。

歴史的な事実と各武侠たちの関わりや位置づけ、それにまつわる物語的な部分が非常によく練られている一冊です。

 

※電子書籍ストアebookjapanへ移動します

 

終わりに

『老虎残夢』は、中国エンタメ「武侠」の要素を取り入れた特殊設定ミステリーです。

 

武侠がそれぞれ持っている特殊能力が本格ミステリーに絡んでくるユニークな味わいが魅力の一冊でした。

 

本記事を読んで、桃野雑派さんの『老虎残夢』がおもしろそうだと思いましたら、ぜひ手に取って読んでみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

地獄の奇術師【感想】『地獄の奇術師』/二階堂黎人:昭和感あふれる古き良き本格ミステリー!前のページ

【感想】『時空犯』/潮谷験:タイムリープと犯人当てをかけ合わせたSFミステリー!次のページ時空犯

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときにおすすめなのが、Kindle Unlimited の30日無料体験。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

最初の30日間が無料です。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

いつでも無料で解約できます

 

関連記事

  1. モルグ街の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『モルグ街の殺人』/ポー:世界初のミステリー小説!

    こんにちは、つみれです。このたび、アメリカの作家エドガー・アラン・…

  2. 真相・猿蟹合戦

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「真相・猿蟹合戦」/青柳碧人:猿蟹合戦の真相とは!?

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの…

  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『黒牢城』/米澤穂信:戦国時代を舞台にした安楽椅子探偵ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、米澤穂信(ヨネザワホノブ)さんの…

  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】『2分間ミステリ』/ドナルド・J・ソボル:スキマ時間に謎解きを!

    こんにちは、つみれです。本を読むようになって十数年、たくさんのミス…

  5. ボーンヤードは語らない
  6. ミステリー、サスペンス

    【感想】『眼球堂の殺人』/周木律:奇抜な館が舞台の理系ミステリー!

    こんにちは、つみれです。私はクローズドサークルもの(外界との往来が…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 密室黄金時代の殺人
  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。
  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪
  4. 真相・猿蟹合戦
  5. わらしべ多重殺人

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 曹操 卑劣なる聖人(三)

    歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(三)』/王暁磊:董卓の専横と兗州抗争!
  2. 読書に関するあれこれ

    語彙力の伸ばし方
  3. 紅蓮館の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『紅蓮館の殺人』/阿津川辰海:探偵、山火事、からくり館!
  4. 首が取れても死なない僕らの首無殺人事件

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「首が取れても死なない僕らの首無殺人事件」/榊林銘:首の着脱可能な人間が…
  5. 密室は御手の中

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『密室は御手の中』/犬飼ねこそぎ:山奥の宗教施設で起こる密室殺人の謎!
PAGE TOP