感想、書評

  1. 【感想】天才絵師狩野永徳の生涯を活写!『花鳥の夢』/山本兼一

    こんにちは、つみれです。山本兼一さんの『花鳥の夢』(文春文庫)を読みました。戦国末の絵師「狩野永徳」を主人公に据えた小説です。なんだか、はるか昔に歴史の…

  2. 【感想】タネの不思議を丁寧に解説!『スイカの種はなぜ散らばっているのか』/稲垣栄洋

    こんにちは、つみれです。「スイカの種はなぜ散らばっているのか」?えっ?あまりマジメに考えたことはないけれど・・・。う~む・・・なぜだ!?日常生活では…

  3. 【感想】源義経を描いた軍記物語を超訳!『ギケイキ:千年の流転』/町田康

    こんにちは、つみれです。町田康さんの『ギケイキ:千年の流転』(河出文庫)を読みました。『義経記』ではなく『ギケイキ』です。源義経を描いた軍記物語であ…

  4. 【感想】軽く読める本格ミステリー!『館島』/東川篤哉

    こんにちは、つみれです。長らくブログの更新をサボっていましたが、この度東川篤哉さんの描くミステリー『館島』(創元推理文庫)を読了しましたので、久しぶりに記事…

  5. 【感想】グリコ・森永事件を小説化!『罪の声』/塩田武士

    塩田武士『罪の声』(講談社)を読みました。とにかく骨太、とにかく濃厚。めちゃくちゃおもしろかったよ!!『罪の声』は、「グリコ・森永事件」…

  6. 【感想】学生アリスシリーズ第4弾をレビュー『女王国の城』/有栖川有栖

    一か月に一冊のペースを崩さずになんとか読んできている有栖川有栖の「学生アリス」シリーズ。外界との往来を断たれた状況で起こる事件を扱う「クローズドサークル」を…

  7. 【感想】地味な人物を再評価!『三国志名臣列伝 後漢篇』/宮城谷昌光

    宮城谷昌光の『三国志名臣列伝 後漢篇』(文藝春秋)を読了しました。三国志の序盤。まだ劉備や曹操が書生や小役人であった時代に活躍した人物を列伝風に描いた一作で…

  8. 【感想】難しい応仁の乱を詳しく説明した新書『応仁の乱』/呉座勇一

    応仁の乱。数ある日本史の戦乱のなかでも屈指の知名度を誇り、多くの人が中学校でも習います。 義政の意思むなしく応仁の乱 人の世むなしい応仁の乱…

  9. 司馬遷の『史記』をマンガで読もうぜ!

    『史記』という中国の歴史書をご存知でしょうか。歴史書ときくと、もうそれだけで蕁麻疹があらわれたり、呼吸困難になったりする人もいるかもしれません。しかし、…

  10. 【感想】一般向けコーヒー通史本の決定版!『珈琲の世界史』/旦部幸博

    あなたはコーヒーが好きですか?私は大好きです。朝、仕事に取りかかる前に一杯。昼の休憩中に一杯。読書をしながら一杯。まさに至福のひと時!と…

最近の記事

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 読書法

    すきま時間読書におすすめの場所
  2. ミステリー、サスペンス

    【感想】ミステリーの詰め合わせ!『こうして誰もいなくなった』/有栖川有栖
  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】衝撃のラスト!『儚い羊たちの祝宴』/米澤穂信
  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】冒頭でトリックを種明かし!?『殺しの双曲線』/西村京太郎
  5. 読書法

    どうしよう!読んでいる本がつまらない!
PAGE TOP