感想、書評

  1. おすすめクローズドサークル系ミステリー小説13選!

    こんにちは、つみれです。ミステリーの1大ジャンルとして、読む人を惹きつけてやまない「クローズドサークル」(少し下に説明があるよ)。クローズドサークルもの…

  2. 『銀河英雄伝説』リップシュタット戦役の元ネタを考えるぞ!

    こんにちは、つみれです。現在、田中芳樹さんの『銀河英雄伝説』(らいとすたっふ文庫)、通称「銀英伝」を読み進めています。何しろ、文庫本にして全十巻という大…

  3. 【感想】『ジェリーフィッシュは凍らない』/市川憂人:SF寄りの本格ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、ミステリーとSFを融合させた市川憂人さんの『ジェリーフィッシュは凍らない』(創元推理文庫)を読みました。トリックの見事…

  4. 【感想】『紅蓮館の殺人』/阿津川辰海:探偵、山火事、からくり館!

    こんにちは、つみれです。このたび、阿津川辰海さんのミステリー『紅蓮館の殺人』(講談社タイガ)を読了しました。実にロジカルな本格ミステリーで、私の大好きな…

  5. 【感想】『アウトプット大全』/樺沢紫苑:アウトプットが人生を変える!

    こんにちは、つみれです。最近、精神科医樺沢紫苑さんの『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)を読みました。基本的に私は娯楽性の高い本…

  6. 【感想】『まほり』/高田大介:骨太な民俗学ミステリー!まほりの意味とは?

    こんにちは、つみれです。先日、高田大介さんの民俗学(みんぞくがく)ミステリー『まほり』を読み終えました。高田大介さんといえば、私が大好きなファンタジー作…

  7. 【感想】『medium 霊媒探偵 城塚翡翠』/相沢沙呼:すべてが、伏線!?

    こんにちは、つみれです。先日、相沢沙呼(あいざわさこ)さんの連作短編ミステリー『medium(メディウム) 霊媒探偵 城塚翡翠(じょうづかひすい)』(講談社…

  8. 【感想】『獄門島』/横溝正史:不朽の名作ミステリー!

    こんにちは、つみれです。先日、横溝正史さんのミステリー短編集『本陣殺人事件』(角川文庫)を読み終えました。表題作になっている「本陣殺人事件」は、かの有名…

  9. 【感想】『本陣殺人事件』/横溝正史:難しいが魅力的なトリック!

    こんにちは、つみれです。突然ですが、私はミステリーが大好きです。しかしながら、私はミステリー好きの必修科目と言えそうな横溝正史さんの「金田一耕助シリーズ…

  10. 【感想】『こうして誰もいなくなった』/有栖川有栖:ミステリーの詰め合わせ!

    こんにちは、つみれです。朝起きて、ゴハンを食べて、歯を磨いて、ゆっくりしている日曜日。ふと、欲求に駆られるときがあるんですよね。ミステリーを読みたい…

最近の記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 自己啓発、ハウツー

    【感想】『嫌われる勇気』/岸見一郎・古賀史健:アドラー心理学をわかりやすく説明!…
  2. 読書まとめ

    【まとめ】2018年12月読書まとめ
  3. 歴史

    【感想】『世界史劇場正史三國志』/神野正史:「正史三国志」を楽しく解説!
  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】『屍人荘の殺人』/今村昌弘:ネタバレ厳禁!
  5. 読書まとめ

    【まとめ】2018年4月読書まとめ
PAGE TOP