ミステリー、サスペンス

  1. 逆ソクラテス

    【感想】『逆ソクラテス』/伊坂幸太郎:先入観をぶっ壊せ!

    こんにちは、つみれです。このたび、伊坂幸太郎さんの『逆ソクラテス』を読みました。先入観を仮想敵に据え、目立たない存在たちが世間に一矢報いてい…

  2. 蒼海館の殺人

    【感想】『蒼海館の殺人』/阿津川辰海:洪水が迫りくるクローズドサークル!

    こんにちは、つみれです。このたび、阿津川辰海(アツカワタツミ)さんのミステリー長編『蒼海館(アオミカン)の殺人』を読みました。前作『紅蓮館(グレンカン)…

  3. 透明人間は密室に潜む

    【感想】『透明人間は密室に潜む』/阿津川辰海:バラエティ豊かな本格ミステリー短編集!

    こんにちは、つみれです。このたび、阿津川辰海(アツカワタツミ)さんのミステリー短編集『透明人間は密室に潜む』を読みました。収録作品4編ともにオリジナリテ…

  4. アンダードッグス

    【感想】『アンダードッグス』/長浦京:負け犬たちが国家機密強奪作戦の完遂を目指す!

    こんにちは、つみれです。このたび、長浦京(ナガウラキョウ)さんの『アンダードッグス』を読みました。第164回直木賞候補作にノミネートされた作品で、香港返…

  5. インビジブル

    【感想】『インビジブル』/坂上泉:戦後大阪の闇に切り込む刑事バディもの!

    こんにちは、つみれです。このたび、坂上泉(サカガミイズミ)さんのミステリー小説『インビジブル』を読みました。第164回直木賞候補作にノミネートされた作品…

  6. 汚れた手をそこで拭かない

    【感想】『汚れた手をそこで拭かない』/芦沢央:後味の悪さがクセになるイヤミス短編集!

    こんにちは、つみれです。このたび、芦沢央(アシザワヨウ)さんのミステリー短編集『汚れた手をそこで拭かない』を読みました。 第164回直木賞候…

  7. いけない

    【感想】『いけない』/道尾秀介:隠された真相に気づけるか?再読必至の連作短編!

    こんにちは、つみれです。このたび、道尾秀介さんのミステリー連作短編集『いけない』を読みました。 隠された真相に気づくと感嘆と驚愕が押し寄せる…

  8. モルグ街の殺人

    【感想】『モルグ街の殺人』/ポー:世界初のミステリー小説!

    こんにちは、つみれです。このたび、アメリカの作家エドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』を読みました。「ミステリー小説の祖」と言われている作品です!…

  9. 白昼の死角

    【感想】『白昼の死角』/高木彬光:法の目をかいくぐる天才詐欺師を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、知能犯が起こす連続詐欺事件を描いた高木彬光(タカギアキミツ)さんのミステリー小説『白昼の死角』(光文社文庫)を読みました。…

  10. ウサギの天使が呼んでいる

    【感想】『ウサギの天使が呼んでいる』/青柳碧人:ガラクタ収集家が謎解き!

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんのミステリー連作短編集『ウサギの天使が呼んでいる ほしがり探偵ユリオ』(創元推理文庫)を読み…

最近の記事

  1. 三国志 演義から正史、そして史実へ
  2. 万能鑑定士Qの事件簿 I・II
  3. 硝子の塔の殺人
  4. 密室は御手の中

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. 八月の銀の雪

    ヒューマンドラマ

    【感想】『八月の銀の雪』/伊与原新:自然科学が人の心を癒す短編5編を収録!
  2. 曹操 卑劣なる聖人(三)

    歴史

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(三)』/王暁磊:董卓の専横と兗州抗争!
  3. 『明智恭介 最初でも最後でもない事件』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『明智恭介 最初でも最後でもない事件』/今村昌弘:『屍人荘の殺人』の前日…
  4. 三国志演義

    【三国志演義:第三回】董卓の野心と呂布の寝返り
  5. 読書法

    読書は孤独な趣味か
PAGE TOP