ミステリー、サスペンス

  1. 【感想】『黒牢城』/米澤穂信:戦国時代を舞台にした安楽椅子探偵ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、米澤穂信(ヨネザワホノブ)さんの『黒牢城(コクロウジョウ)』を読みました。 戦国武将の荒木村重(アラキムラ…

  2. 赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。

    【感想】『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』/青柳碧人:西洋童話を元にした連作短編!

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』を読みました。西洋童話を元にした4つの事件を赤ず…

  3. おれたちの歌をうたえ

    【感想】『おれたちの歌をうたえ』/呉勝浩:昭和・平成・令和の3時代に渡る壮大なミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、呉勝浩(ゴカツヒロ)さんの『おれたちの歌をうたえ』を読みました。元刑事の男が古い友人の残した暗号を、過去の2つの時代の…

  4. テスカトリポカ

    【感想】『テスカトリポカ』/佐藤究:骨太なクライムノベル!

    こんにちは、つみれです。このたび、佐藤究(サトウキワム)さんの『テスカトリポカ』を読みました。麻薬カルテルの抗争や臓器売買などが描かれるアングラ感マック…

  5. 扉は閉ざされたまま

    【感想】『扉は閉ざされたまま』/石持浅海:犯人と探偵役の頭脳戦が楽しい倒叙ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、石持浅海(イシモチアサミ)さんのミステリー小説『扉は閉ざされたまま』を読みました。都内のペンションで開かれた同窓会の最…

  6. 信長島の惨劇

    【感想】『信長島の惨劇』/田中啓文:戦国版「そして誰もいなくなった」!

    こんにちは、つみれです。このたび、田中啓文(タナカヒロフミ)さんの『信長島の惨劇』を読みました。本能寺の後、死んだはずの織田信長(オダノブナガ)から呼び…

  7. ヴェルサイユ宮の聖殺人

    【感想】『ヴェルサイユ宮の聖殺人』/宮園ありあ:18世紀フランスが舞台の絢爛なミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、宮園(ミヤゾノ)ありあさんの『ヴェルサイユ宮の聖殺人』を読みました。フランス革命前のヴェルサイユで起きた殺人事件の謎を…

  8. 【感想】『暗色コメディ』/連城三紀彦:伊坂幸太郎が復刊を熱望!

    こんにちは、つみれです。このたび、連城三紀彦(レンジョウミキヒコ)さんのミステリー小説『暗色コメディ』を読みました。どこか捉えどころのない不思議な物語が…

  9. 黒い仏

    【感想】『黒い仏』/殊能将之:途中までは普通のミステリーだけど・・・?

    こんにちは、つみれです。このたび、殊能将之(シュノウマサユキ)さんのミステリー『黒い仏』を読みました。 福岡県のアパートの一室で起きた殺人事…

  10. 美濃牛

    【感想】『美濃牛』/殊能将之:山奥の村落が舞台のミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、殊能将之(シュノウマサユキ)さんの長編ミステリー『美濃牛(ミノギュウ)』を再読しました。 岐阜県山奥の集落…

最近の記事

  1. 不村家奇譚
  2. 新しい星
  3. 第166回直木賞候補5作まとめ
  4. 塞王の楯
  5. 同志少女よ、敵を撃て

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 夏と冬の奏鳴曲

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『夏と冬の奏鳴曲』/麻耶雄嵩:雪が降る夏の孤島で繰り広げられる邪道ミステ…
  2. 透明人間は密室に潜む

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『透明人間は密室に潜む』/阿津川辰海:バラエティ豊かな本格ミステリー短編…
  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『眼球堂の殺人』/周木律:奇抜な館が舞台の理系ミステリー!
  4. 兇人邸の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『兇人邸の殺人』/今村昌弘:異形の殺人鬼が闊歩する屋敷に閉じ込められる!…
  5. 白昼の死角

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『白昼の死角』/高木彬光:法の目をかいくぐる天才詐欺師を描く!
PAGE TOP