密室は御手の中

ミステリー、サスペンス

  (最終更新日:2021.08.25)

【感想】『密室は御手の中』/犬飼ねこそぎ:山奥の宗教施設で起こる密室殺人の謎!

こんにちは、つみれです。

このたび、犬飼(イヌカイ)ねこそぎさんの『密室は御手(ミテ)の中』を読みました。

 

怪しげな新興宗教団体の総本山で起こる密室殺人の謎を解くミステリーです。

 

それでは、さっそく感想を書いていきます。

作品情報
書名:密室は御手の中

著者:犬飼ねこそぎ
出版:光文社
頁数:320ページ

スポンサーリンク

山奥の宗教施設で起こる密室殺人の謎!

山奥の宗教施設で起こる密室殺人の謎

私が読んだ動機

おもしろそうなミステリーを書店で物色していて見つけました。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • 本格ミステリーが好き
  • 密室もののミステリーが読みたい
  • バチバチの論理バトルを楽しみたい

あらすじ・作品説明

人里離れた山奥にある新興宗教『こころの宇宙』の施設「心在院(シンザイイン)」に、ある目的をもって潜入した探偵・安威和音(アイワオン)

 

「心在院」の裏手の山道を登った先には、百年前に修行者が姿を消したといういわくつきの瞑想室「掌室堂(ショウシツドウ)」があった。

 

その「掌室堂」でバラバラ殺人が起こり、和音は探偵として調査に乗り出すことになる。

舞台装置のおもしろさ

山の風景

本作は、人里離れた山奥で活動する宗教団体の内部で起こる密室殺人事件を描いています。

 

この山奥の宗教施設がなかなか本格ミステリーらしい雰囲気が出ていていいんですよ。

 

新興宗教『こころの宇宙』は指導者の死亡により弱体化している状況です。

再起をはかっている最中の『こころの宇宙』としては殺人事件発生の事実は外聞が悪く、できれば捜査を警察に頼ることなく内々で処理してしまいたいのが実情。

僻地の施設で警察の介入もないという舞台設定は本格ミステリー好きからするとワクワクしますね。

山奥とはいえ、出ていこうと思えば自由に出ていけるので、純然たるクローズドサークルというわけではありません。

しかし、舞台が山奥である上、積極的に外部と接触を取ろうとする人物も存在しないので、「陸の孤島」的な雰囲気を十分に味わうことができます。

見取り図

間取り図

本作の舞台となるのは、『こころの宇宙』の施設「心在院」です。

建物の構造はそれほど複雑ではありませんが、冒頭には見取り図も付いていて、本格ミステリーファンとしてはうれしい限り。

登場人物たちの行動を見取り図と見比べながら追っていくのが楽しい一冊となっています。

個性豊かな信者たち

座禅を組む修行僧

新興宗教団体『こころの宇宙』には個性豊かな信者たちがいます。(細かく言うと、『こころの宇宙』では「信者」という言葉は使わず、「意徒(イト)」という言葉を使います)

 

彼らがみんなほどよく怪しいので、ミステリーとしてはめちゃくちゃおもしろいです。

 

信仰心の厚い人物ばかりでなく、人を食ったような態度を取る人物やよくわからない議論を吹っ掛けてくる人物など、いかにもミステリーで死にそうなキャラが揃っているのもワクワクします。

彼らが決して一枚岩ではないということが言動の端々から感じられるのも怪しげでいいですね。

 

スポンサーリンク

探偵・安威和音と夢

雨の日のガラス窓

本作の主人公は探偵の安威和音です。

彼女自身は比較的常識的な性格でとがったところがないので、読者としても親しみやすい探偵役です。

しかし、一点気になる描写があるんですよ。

それは和音の夢の描写。

物語の途中でたびたび彼女が夢を見るシーンが差し挟まれます。

和音は過去につらい経験をしていて、それが現在の彼女に何らかの影響を与えている様子なのです。

普段の和音はフラットで穏やかな性格をしているので、この過去がめちゃくちゃ気になるんですよね。

探偵・安威和音の過去にも注目の一冊ですね。

『こころの宇宙』代表者・神室密

少年のシルエット

宗教法人『こころの宇宙』の代表者(教祖)は、神室密(カミムロヒソミ)という弱冠14歳の少年です。

上にも書いた通り、『こころの宇宙』は前指導者が死亡しており、その子・密が後を継いだ形になっています。

密は頭の回転が速く、謎解きにも積極的に絡んできます。

それどころか主人公の和音を「助手」扱いし、自らが探偵役となって事件を解決してやろうという気概すら見せます。

本来協力しあうはずの和音と密が、なぜか互いにライバル的に対抗意識を燃やし、謎解き競争さながらの展開になるのはおもしろかったですね。

主人公の探偵・安威和音と新興宗教代表者・神室密のやりとりが味わい深い一冊です。

ガチガチの密室トリック

鍵

本作ではタイトルからも想像できる通り、密室トリックが扱われています。

事件現場は思わず目を覆いたくなるほど凄惨で、思わず「一体何が起こった!?」とつぶやいてしまいそうになるほど。

「密室の謎+凄惨な事件現場の謎」の合わせ技でめちゃくちゃ興味をかき立てられますよ。

 

謎解きに関してはかなり難度が高く、私はまったく太刀打ちできませんでしたが、自信のある人は真相の謎解きにも挑戦してみてください。

 

怒涛の論理バトル

ジグソーパズル

本作は、終盤の展開がめちゃくちゃおもしろいんですよ。

ネタバレになってしまうのでここで詳述はしませんが、本格ミステリーらしくしっかりとロジカルであることに加え、細かな描写も伏線として生きていてとても丁寧な作りになっています。

何よりおもしろいのが、複数の人物が自分の推理を怒涛の如く披露するバチバチの論理バトル展開。

この論理バトルによって、事件の真相が二転三転していくのがおもしろすぎるんです。

終盤は先が気になりすぎてページを繰る手が止まらなくなり一気読みしてしまいました。

 

 

終わりに

『密室は御手の中』は、人里離れた山奥にある新興宗教団体の施設で起こる密室殺人の謎を解く本格ミステリーです。

「密室の謎」と「ショッキングな事件現場の謎」の合わせ技で読者を驚かせてくれます。

また、とりわけ終盤の疾走感のある展開が特徴的で、私はそれに惹き込まれて一気読みしてしまいました。

本記事を読んで、犬飼ねこそぎさんの『密室は御手の中』がおもしろそうだと思いましたら、ぜひ手に取って読んでみてくださいね!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

「屍人荘の殺人」シリーズ「屍人荘の殺人」シリーズ(今村昌弘)の読む順番とあらすじを解説!前のページ

【感想】『シンデレラ城の殺人』/紺野天龍:シンデレラが現行犯逮捕!絶体絶命の法廷劇!次のページ

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときは、Kindle Unlimited の30日無料体験がおすすめです。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

Kindle Unlimited の無料お試し体験はこちら

関連記事

  1. 黒い仏

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『黒い仏』/殊能将之:途中までは普通のミステリーだけど・・・?

    こんにちは、つみれです。このたび、殊能将之(シュノウマサユキ)さん…

  2. 十角館の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『十角館の殺人』/綾辻行人:孤島系クローズドサークルの傑作!

    こんにちは、つみれです。このたび、綾辻行人(アヤツジユキト)さんの…

  3. ミステリー、サスペンス

    火曜サスペンス劇場のトラウマと東野圭吾

    こんにちは、つみれです。私の両親はそろって読書家で、父は歴史もの、…

  4. 扉は閉ざされたまま
  5. 汚れた手をそこで拭かない
  6. 『クジラアタマの王様』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『クジラアタマの王様』/伊坂幸太郎:小説なのにマンガが!?

    こんにちは、つみれです。このたび、伊坂幸太郎さんの『クジラアタマの…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 三国志 演義から正史、そして史実へ
  2. 万能鑑定士Qの事件簿 I・II
  3. 硝子の塔の殺人
  4. 密室は御手の中

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. エッセイ

    穂村弘の魅力とは?おすすめエッセイ3選もあわせて紹介!
  2. ミステリー、サスペンス

    【感想】『迷路館の殺人』/綾辻行人:奇抜すぎる館と作中作の使い方に驚愕!
  3. 未分類

    【まとめ】2018年5月読書まとめ
  4. 黒い仏

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『黒い仏』/殊能将之:途中までは普通のミステリーだけど・・・?
  5. 並行読み

    読書法

    飽きっぽい人に勧めたい読書方法!並行読みのすすめ
PAGE TOP