ミステリー、サスペンス

  1. 『クジラアタマの王様』

    【感想】『クジラアタマの王様』/伊坂幸太郎:小説なのにマンガが!?

    こんにちは、つみれです。このたび、伊坂幸太郎さんの『クジラアタマの王様』を読みました。物語の合間に「謎のマンガ」が差し挟まれるユニークな小説です!そ…

  2. 犯人像がコロコロ変わる『ダリの繭』

    【感想】『ダリの繭』/有栖川有栖:コロコロ変わる犯人像!

    こんにちは、つみれです。このたび、有栖川有栖(アリスガワアリス)さんの『ダリの繭(マユ)』(角川文庫)を再読しました。「作家アリスシリーズ」の第二作目で…

  3. 密室

    【感想】『46番目の密室』/有栖川有栖:理詰めの密室ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、有栖川有栖(アリスガワアリス)さんの『新装版 46番目の密室』(講談社文庫)を再読しました。以前読んだことがあるにもか…

  4. 【感想】『ブルーローズは眠らない』/市川憂人:大胆かつ緻密な密室トリックがすごい!

    こんにちは、つみれです。このたび、市川憂人さんの『ブルーローズは眠らない』(創元推理文庫)を読みました。難解な密室トリック、作るのが難しい青バラの話など…

  5. 【感想】『迷路館の殺人』/綾辻行人:奇抜すぎる館と作中作の使い方に驚愕!

    こんにちは、つみれです。このたび、綾辻行人さんの『迷路館の殺人』(講談社文庫)を読み終えました。2016年に一度読んでいるので、今回は再読です。『迷…

  6. 【感想】『十角館の殺人』/綾辻行人:孤島系クローズドサークルの傑作!

    こんにちは、つみれです。このたび、綾辻行人さんの『十角館の殺人』(講談社文庫)を読み終えました。2016年に一度読んでいるので、今回は再読ということにな…

  7. 【感想】『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』/倉阪鬼一郎:究極のバカミスここにあり!

    こんにちは、つみれです。このたび、倉阪鬼一郎さんの『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』(講談社ノベルス)を読み終えました。確かにすごい作品・・・!ですが、す…

  8. クローズドサークル

    おすすめクローズドサークル系ミステリー小説15選!

    こんにちは、つみれです。もともと本格ミステリーには興味のなかった私ですが、2016年に綾辻行人の『十角館の殺人』を読んで、一気に本格ミステリーの世界にのめり…

  9. 【感想】『ジェリーフィッシュは凍らない』/市川憂人:SF寄りの本格ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、ミステリーとSFを融合させた市川憂人さんの『ジェリーフィッシュは凍らない』(創元推理文庫)を読みました。トリックの見事…

  10. 【感想】『紅蓮館の殺人』/阿津川辰海:探偵、山火事、からくり館!

    こんにちは、つみれです。このたび、阿津川辰海(アツカワタツミ)さんのミステリー『紅蓮館(グレンカン)の殺人』(講談社タイガ)を読了しました。実にロジカル…

最近の記事

  1. 蒼海館の殺人
  2. 透明人間は密室に潜む
  3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

カレンダー

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

応援・ご支援

これからの活動を応援してやるぜ!という方はどうぞよろしくお願いいたします!とても励みになります!

 

OFUSE(50円から支援できます)

  1. ミステリー、サスペンス

    火曜サスペンス劇場のトラウマと東野圭吾
  2. アンダードッグス

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『アンダードッグス』/長浦京:負け犬たちが国家機密強奪作戦の完遂を目指す…
  3. 読書法

    Kindle Paperwhite のメリット8つ!
  4. 歴史

    おすすめ三国志小説5選!おススメ度、難易度も併せて紹介!
  5. 読書法

    【読書会で聞いた】まだ本を読みたいときの眠気覚まし方法!
PAGE TOP