ミステリー、サスペンス

  1. 【感想】『こうして誰もいなくなった』/有栖川有栖:ミステリーの詰め合わせ!

    こんにちは、つみれです。朝起きて、ゴハンを食べて、歯を磨いて、ゆっくりしている日曜日。ふと、欲求に駆られるときがあるんですよね。ミステリーを読みたい…

  2. 【感想】『双孔堂の殺人』/周木律:眼球堂の続編!

    こんにちは、つみれです。爽やかな春の朝、うららかな好晴の日光を浴びながら、どういうわけかミステリーが読みたくなりました。さっそくKindleでいい作品が…

  3. 【感想】『魔眼の匣の殺人』/今村昌弘:待望の『屍人荘の殺人』続編!

    こんにちは、つみれです。ずっと楽しみにしていた作品をついに読んでしまいました。何を読んだかといえば、今村昌弘『魔眼の匣(ハコ)の殺人』(東京創元社)をで…

  4. 【感想】『皇帝と拳銃と』/倉知淳:死神刑事が謎を解く倒叙ミステリー!

    こんにちは、つみれです。ミステリーを読んでいるといつの間にか数時間経っている・・・。そういうことありませんか?・・・私はあるんです!きりのいいと…

  5. 【感想】『2分間ミステリ』/ドナルド・J・ソボル:スキマ時間に謎解きを!

    こんにちは、つみれです。本を読むようになって十数年、たくさんのミステリーを読んでまいりました。従いまして、私の謎解きパワーは計り知れないほどのレベルに達…

  6. 【感想】『館島』/東川篤哉:軽く読める本格ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、東川篤哉さんの描くミステリー『館島』(創元推理文庫)を読了しました。本作、トリック的には思いっきり本格ミステリーなので…

  7. 【感想】『罪の声』/塩田武士:グリコ・森永事件を小説化!

    こんにちは、つみれです。このたび、塩田武士の『罪の声』(講談社)を読みました。『罪の声』は、「グリコ・森永事件」(詳細は後述)をモチ…

  8. 【感想】『女王国の城』/有栖川有栖:学生アリスシリーズ第4弾!

    こんにちは、つみれです。このたび、有栖川有栖の「学生アリス」シリーズ第4弾、『女王国の城』(創元推理文庫)を読みました。「学生アリス」は外界との往来を断…

  9. 【感想】『双頭の悪魔』/有栖川有栖:読者への挑戦が3つ!?

    こんにちは、つみれです。今回は有栖川有栖の「学生アリス」シリーズのお話です。英都大学推理小説研究会のメンバーが旅先の山や島に閉じ込められた上、殺人事件に…

  10. 【感想】『かがみの孤城』/辻村深月:感動の一作。これはすごい。

    こんにちは、つみれです。私は辻村深月の作品が大好きなのですが、最近は他の作家さんの作品も手に取ることが多くなって、相対的に辻村作品を読む機会が減ってきていま…

最近の記事

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
  1. 自己啓発、ハウツー

    【感想】『脳を鍛えるには運動しかない!』/ジョン・J・レイティ:読むと運動をした…
  2. ノンフィクション

    【感想】『旅の途中』/スピッツ:スピッツの歴史を読む!
  3. 雑記

    読書ブログを始めてみます
  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】『双孔堂の殺人』/周木律:眼球堂の続編!
  5. 歴史

    初心者向け 三国志のおすすめの楽しみ方
PAGE TOP