ミステリー、サスペンス

  1. 【感想】『皇帝と拳銃と』/倉知淳:死神刑事が謎を解く倒叙ミステリー!

    こんにちは、つみれです。ミステリーを読んでいるといつの間にか数時間経っている・・・。そういうことありませんか?・・・私はあるんです!きりのいいと…

  2. 【感想】『2分間ミステリ』/ドナルド・J・ソボル:スキマ時間に謎解きを!

    こんにちは、つみれです。本を読むようになって十数年、たくさんのミステリーを読んでまいりました。従いまして、私の謎解きパワーは計り知れないほどのレベルに達…

  3. 【感想】『館島』/東川篤哉:軽く読める本格ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、東川篤哉さんの描くミステリー『館島』(創元推理文庫)を読了しました。本作、トリック的には思いっきり本格ミステリーなので…

  4. 【感想】『罪の声』/塩田武士:グリコ・森永事件を小説化!

    こんにちは、つみれです。このたび、塩田武士の『罪の声』(講談社)を読みました。『罪の声』は、「グリコ・森永事件」(詳細は後述)をモチ…

  5. 【感想】『女王国の城』/有栖川有栖:学生アリスシリーズ第4弾!

    こんにちは、つみれです。このたび、有栖川有栖の「学生アリス」シリーズ第4弾、『女王国の城』(創元推理文庫)を読みました。「学生アリス」は外界との往来を断…

  6. 【感想】『双頭の悪魔』/有栖川有栖:読者への挑戦が3つ!?

    こんにちは、つみれです。今回は有栖川有栖の「学生アリス」シリーズのお話です。英都大学推理小説研究会のメンバーが旅先の山や島に閉じ込められた上、殺人事件に…

  7. 【感想】『かがみの孤城』/辻村深月:感動の一作。これはすごい。

    こんにちは、つみれです。私は辻村深月の作品が大好きなのですが、最近は他の作家さんの作品も手に取ることが多くなって、相対的に辻村作品を読む機会が減ってきていま…

  8. 【感想】『殺しの双曲線』/西村京太郎:冒頭でトリックを種明かし!?

    こんにちは、つみれです。先日、西村京太郎『殺しの双曲線』(講談社文庫)を読みました。いきなりですが、本作の冒頭箇所をご紹介いたしましょう。この推…

  9. 【感想】『眼球堂の殺人』/周木律:奇抜な館が舞台の理系ミステリー!

    こんにちは、つみれです。相変わらずクローズドサークルもの(外界との往来が断たれ孤立するミステリー)にハマっています。クローズドサークルといっても舞台はい…

  10. 【感想】『月光ゲーム』/有栖川有栖:学生アリスシリーズ第1弾!

    こんにちは、つみれです。私、クローズドサークルもの(外界との往来が断たれ孤立するミステリー)が大好きです。インターネットで物色していると、有栖川有栖の「…

最近の記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 歴史

    【感想】『ギケイキ:千年の流転』/町田康:源義経を描いた軍記物語を超訳!
  2. 読書法

    読書は孤独な趣味か
  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『2分間ミステリ』/ドナルド・J・ソボル:スキマ時間に謎解きを!
  4. SF

    【感想】『残像に口紅を』/筒井康隆:アメトークで話題沸騰!
  5. 読書まとめ

    【まとめ】2018年3月読書まとめ
PAGE TOP