歴史

  1. おすすめ三国志小説5選!おススメ度、難易度も併せて紹介!

     三国志の小説を読んでみたいなぁ。だけど、調べてみると三国志の小説はいっぱいあるぞ。初心者はどれを読んだらいいんだろう・・・。 …

  2. 曹操 卑劣なる聖人(二)

    【感想】『曹操 卑劣なる聖人(二)』/王暁磊:いよいよ黄巾の乱勃発!

    こんにちは、つみれです。このたび、王暁磊(オウギョウライ)さんの『曹操(ソウソウ) 卑劣なる聖人(二)』を読み終えました。全10巻のうちの2巻目となりま…

  3. 【感想】『曹操 卑劣なる聖人(一)』/王暁磊:曹操を主役に据えた長編三国志がおもしろすぎる!

    こんにちは、つみれです。このたび、王暁磊(オウギョウライ)さんの『曹操(ソウソウ) 卑劣なる聖人(一)』を読みました。全部で十巻を数える大長編三国志小説…

  4. 『銀河英雄伝説』リップシュタット戦役の元ネタを考えるぞ!

    こんにちは、つみれです。現在、田中芳樹さんの『銀河英雄伝説』(らいとすたっふ文庫)、通称「銀英伝」を読み進めています。何しろ、文庫本にして全十巻という大…

  5. 世界史劇場正史三國志

    【感想】『世界史劇場正史三國志』/神野正史:「正史三国志」を楽しく解説!

    こんにちは、つみれです。このたび、神野正史(ジンノマサフミ)さんの三国志解説本『世界史劇場正史三國志』を読みました。「三国志」の流れを楽しく、わかりやす…

  6. 【感想】『花鳥の夢』/山本兼一:天才絵師狩野永徳の生涯を活写!

    こんにちは、つみれです。山本兼一さんの『花鳥の夢』(文春文庫)を読みました。戦国末の絵師「狩野永徳」を主人公に据えた小説です。なんだか、はるか昔に歴…

  7. 【感想】『ギケイキ:千年の流転』/町田康:源義経を描いた軍記物語を超訳!

    こんにちは、つみれです。町田康さんの『ギケイキ:千年の流転』(河出文庫)を読みました。『義経記』ではなく『ギケイキ』です。源義経を描いた軍記物語であ…

  8. 三国志名臣列伝

    【感想】『三国志名臣列伝 後漢篇』/宮城谷昌光:地味な三国志の人物を再評価!

    こんにちは、つみれです。このたび、宮城谷昌光(ミヤギタニマサミツ)さんの『三国志名臣列伝 後漢篇』(文藝春秋)を読了しました。三国志の序盤、まだ劉備や曹…

  9. 【感想】『応仁の乱』/呉座勇一:難しい応仁の乱を詳しく説明!

    こんにちは、つみれです。今回は応仁の乱の本について書いていきます。応仁の乱は数ある日本史の戦乱のなかでも屈指の知名度を誇り、多くの人が中学校で習います。…

  10. 【感想】『珈琲の世界史』/旦部幸博:コーヒー通史本の決定版!

    こんにちは、つみれです。さて、あなたはコーヒーが好きですか?私は大好きです。朝、仕事に取りかかる前に一杯。昼の休憩中に一杯。読書をしながら一杯。…

最近の記事

  1. 三国志 演義から正史、そして史実へ
  2. 万能鑑定士Qの事件簿 I・II
  3. 硝子の塔の殺人
  4. 密室は御手の中

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. 「屍人荘の殺人」シリーズ

    ミステリー、サスペンス

    「屍人荘の殺人」シリーズ(今村昌弘)の読む順番とあらすじを解説!
  2. 新史太閤記

    歴史

    【感想】『新史 太閤記』/司馬遼太郎:戦国一の出世人・豊臣秀吉の活躍を描く!
  3. 脳を鍛えるには運動しかない

    自己啓発、ハウツー

    【感想】『脳を鍛えるには運動しかない!』/ジョン・J・レイティ:読むと運動をした…
  4. 三国志演義

    【三国志演義:第二回】督郵の鞭打ちと朝廷の暗闘
  5. ミステリー、サスペンス

    【感想】『獄門島』/横溝正史:不朽の名作ミステリー!
PAGE TOP