密室

ミステリー、サスペンス

  (最終更新日:2021.02.26)

【感想】『46番目の密室』/有栖川有栖:理詰めの密室ミステリー!

こんにちは、つみれです。

このたび、有栖川有栖(アリスガワアリス)さんの『新装版 46番目の密室』(講談社文庫)を再読しました。

以前読んだことがあるにもかかわらず、全くトリックを覚えておらず、初読のような感覚で楽しめました。

「密室好き」の方には特におすすめの一冊ですよ!

それではさっそく感想を書いていきます。

作品情報
書名:新装版 46番目の密室(講談社文庫)

著者:有栖川有栖
出版:講談社(2009/8/12)
頁数:434ページ

スポンサーリンク

「作家アリスシリーズ」第一作目!

『46番目の密室』は、有栖川有栖の理詰めの密室ミステリー!

私が読んだ動機

新本格のミステリーシリーズを読みたくなり、途中まで読んでいたこの「作家アリスシリーズ」をもう一度最初から読むことにしました。

こんな人におすすめ

チェックポイント
  • 新本格ミステリーが好き
  • 密室ものが読みたい
  • 新しいミステリーシリーズに挑戦したい

新本格ミステリーが好き、もしくは密室ものが好きという方にはかなりおすすめの小説です。

また本作は、有栖川有栖さんの「作家アリスシリーズ」の第一作目にあたりますので、新しくミステリーのシリーズを読み始めたいという方にもうってつけの一冊ですよ。

あらすじ

真壁聖一は、〈密室の巨匠〉〈日本のディクスン・カー〉などと呼ばれ、実に45もの密室トリックを発表してきたミステリー小説の大御所だった。

ジョン・ディクスン・カー:密室殺人を題材にとったミステリーを得意としたアメリカのミステリー作家。

真壁は北軽井沢にある自分の別荘「星火(ホシビ)荘」に近しい作家や編集者などを招いてクリスマスパーティを開く。

 

真壁はそのパーティのなかで、なんと「密室ものを書くのはつぎの一作で最後」といった旨の宣言をする。動揺を隠せない作家・編集者たち。

 

そんな状況のなか、星火荘の周辺をうろつく焦茶色のブルゾンを着た不審な人物が現れたり、招待客の客室にタチの悪いいたずらが仕掛けられるなど、不穏な空気が流れだす。

 

パーティの翌日、不審な人物が書斎で、真壁が地下室で殺害されているのが発見される。

奇しくも両部屋ともに密室状態であった。

王道の人物設定

本作のいいところは、新本格ミステリーとして、王道の人物設定を貫いていることです。

真壁に招待された作家・編集者たちは、知り合い同士ということもあり、最初は和気あいあいと過ごしています。

ところが、物語が進行していくにつれて少しずつその関係性にヒビが入ったり、心の奥底に沈んでいた闇の部分が表出していったりするのです。

微妙なバランスで成り立っていた危うい人間関係が何かのきっかけでほころび始め、そのなかで事件が起こる、という展開。これがいかにも王道の新本格ミステリーという感じでめちゃくちゃいいんですよ。

ミステリーはやはりこうでないとね!!

プロローグの存在

火事

物語の冒頭で、とあるホテルの火災のエピソードが描かれているのですが、これが一見まったく本編と関係ない話のように見えます。

なかなか物騒なエピソードである上、人死にまで起きているので、この事件が冒頭で語られるということ自体が、本編序盤の和気あいあいとした雰囲気に水を差し、不穏さ、キナ臭さをにじませる効果を持っています。

影を帯びたエピソードと、明るい本編序盤という対比が、読者に、物語の暗い行く末・ある種の絶望を予感させ、なんともいいがたいワクワク感を与えてくれますね。

冒頭で語られるこの火災のエピソードが、真壁の別荘で起こる事件とどのように関わっているのかについても本作の見どころと言えるでしょう。

スポンサーリンク

「作家アリスシリーズ」の第一作目

有栖川有栖さんの描くミステリー長編シリーズには、下記の二種類の「アリスシリーズ」があります。

  • 学生アリスシリーズ
  • 作家アリスシリーズ

本作はそのうちの「作家アリスシリーズ」のほうの、記念すべき第一作目です。

英都大学助教授の火村英生とミステリー作家の有栖川有栖(通称アリス、男性)が、それぞれ探偵役・ワトソン役となって事件に向き合っていくシリーズとなります。

探偵役・ワトソン役がレギュラーキャラクターとなるのは、ミステリーとしてお約束の構成なので安心感がありますね。

まず、この火村とアリスのやりとりが親友感があってとても良いです。

個人的には特にアリスのキャラクターが好きですね。

ワトソン役のアリスがいい感じに道化役を買って出てくれるというか。

いろいろな可能性をアリスが率先してつぶしてくれて、いい意味で一般人の目線で読者を真相に誘導してくれるすばらしいワトソンなんですよ。

真相にたどり着くのは探偵火村の役目ですが、読者と一緒にトリックに頭を悩まし、謎に深みを持たせてくれているのはアリスなんじゃないかなと思います。ナイスワトソンです。

また、心に大きな屈折を抱えるという火村の過去も気になるところです。

「人を殺したい、と私自身が思ったことがあるからです」

 

『新装版 46番目の密室』/有栖川有栖 kindle版、位置No. 833

なかなか穏やかじゃないセリフですが、火村の過去に何があったのかも、本シリーズを追う楽しみの一つと言えそうです。

「作家アリス」シリーズの第一作目ということで、これからこのシリーズを読んでみようという方は、彼らのキャラクターを知るためにもまず本作を読んでみるのが良いですね。

マジメな密室もの

部屋

有栖川有栖作品全般に言えることですが、本作はとてもマジメなミステリーです。

優等生的といってもいいかもしれません。

論理的に一足飛びで読者に衝撃を与える一文!みたいなインパクトは弱いかもしれませんが、とにかく密室トリックに真摯に向き合ったマジメなミステリーなのです。

トリックとしては、解けそうで解けない絶妙なラインを攻めていて、そのもどかしさについついページを繰る手が止まらなくなってしまいます。

私は、トリックというのは、「自分にも解けそう!でもむずかしい!」というギリギリのところで、作者と読者の駆け引きを楽しみたいと思っているのですが、本作はまさにそんなラインを突いています。

ドアと掛け金を使った古典的な密室トリックなども丁寧に解説されているので密室初心者にもうってつけですね。

ちなみに私は過去に本作を一回読了しているにもかかわらず、トリックを完璧に忘れていて、今回も解けなかったという頭の悪さを発揮しました。

というか、ミステリーを読んでいて謎の真相までピタリと言い当てたことはほとんどありません・・・!ミステリーは好きなんですけどね・・・!

いずれにしても、理路整然とマジメにトリックが謎解きされていくので、ミステリーとして非常に安心感・安定感があります。

 

 

終わりに

ネタバレになってしまいますので詳細を書くことは控えますが、犯人が最後に見せる狂気的な一面が印象に残る一冊でした。

クセのない王道の密室もので、シリーズものの最初の作品としては、非常におすすめです。

また、有栖川有栖さんの「密室愛・トリック愛」のようなものをはしばしから感じることができるいい作品でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

▼続編の記事

スポンサーリンク

みんなで本をもちよって【本で遊ぶ】「みんなで本をもちよって」は本で遊べておもしろいアナログゲーム!前のページ

【三国志演義:第四回】皇帝廃立と董卓暗殺計画次のページ皇帝廃立と董卓暗殺

980円で電子書籍が読み放題!?

Kindle Unlimited をご存じですか

本を読むときは、Kindle Unlimited の30日無料体験がおすすめです。

Kindle Unlimited は、月額980円で対象の電子書籍が読み放題となるサービスです。

実際に使ってみて合わないと思ったら、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

 

Kindle Unlimited の無料お試し体験はこちら

関連記事

  1. いけない

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『いけない』/道尾秀介:隠された真相に気づけるか?再読必至の連作短編!

    こんにちは、つみれです。このたび、道尾秀介さんのミステリー連作短編…

  2. ミステリー、サスペンス

    【感想】『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』/倉阪鬼一郎:究極のバカミスここにあり!

    こんにちは、つみれです。このたび、倉阪鬼一郎さんの『三崎黒鳥館白鳥…

  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】『紅蓮館の殺人』/阿津川辰海:探偵、山火事、からくり館!

    こんにちは、つみれです。このたび、阿津川辰海(アツカワタツミ)さん…

  4. 『クジラアタマの王様』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『クジラアタマの王様』/伊坂幸太郎:小説なのにマンガが!?

    こんにちは、つみれです。このたび、伊坂幸太郎さんの『クジラアタマの…

  5. 白昼の死角

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『白昼の死角』/高木彬光:法の目をかいくぐる天才詐欺師を描く!

    こんにちは、つみれです。このたび、知能犯が起こす連続詐欺事件を描い…

  6. 汚れた手をそこで拭かない

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 蒼海館の殺人
  2. 透明人間は密室に潜む
  3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

カレンダー

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

応援・ご支援

これからの活動を応援してやるぜ!という方はどうぞよろしくお願いいたします!とても励みになります!

 

OFUSE(50円から支援できます)

  1. ミステリー、サスペンス

    【感想】『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』/倉阪鬼一郎:究極のバカミスここにあり!…
  2. マンガ

    司馬遷の『史記』をマンガで読もうぜ!
  3. 『クジラアタマの王様』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『クジラアタマの王様』/伊坂幸太郎:小説なのにマンガが!?
  4. 犯人像がコロコロ変わる『ダリの繭』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『ダリの繭』/有栖川有栖:コロコロ変わる犯人像!
  5. エッセイ

    穂村弘の魅力とは?おすすめエッセイ3選もあわせて紹介!
PAGE TOP