短編書評

タグ(短編書評)

 

 

このページは短編書評をまとめたカテゴリーページです。

 

私が読んだ短編集のなかの1編に関する感想をネタバレなしで書いています。

「どんな人におすすめなのか?」「その本のおもしろいポイントは?」など、短編集を手に取るときに役に立つ情報をお届けします。

  1. 猿六とぶんぶく交換犯罪

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「猿六とぶんぶく交換犯罪」/青柳碧人:復讐の交換犯罪の顛末は!?

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「猿六(サルロク)とぶんぶく交換犯罪」を読みました。 日本の昔話『ぶん…

  2. 真相・猿蟹合戦

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「真相・猿蟹合戦」/青柳碧人:猿蟹合戦の真相とは!?

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「真相・猿蟹合戦」を読みました。 日本の昔話『猿蟹合戦』をモチーフにし…

  3. わらしべ多重殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「わらしべ多重殺人」/青柳碧人:『わらしべ長者』の交換相手が殺人犯!?

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「わらしべ多重殺人」を読みました。 日本の昔話『わらしべ長者』をモチー…

  4. 七回目のおむすびころりん

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「七回目のおむすびころりん」/青柳碧人:何度もループする『おむすびころりん』!

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「七回目のおむすびころりん」を読みました。 日本の昔話『おむすびころり…

  5. 赤い部屋

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「赤い部屋」/江戸川乱歩:不気味な赤い部屋で語られる殺人遊戯の物語!

    こんにちは、つみれです。このたび、江戸川乱歩(エドガワランポ)さんの短編「赤い部屋」を読みました。 怪しげな赤い部屋で開かれる不気味な会で、…

  6. 竹取探偵物語

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「竹取探偵物語」/青柳碧人:『竹取物語』をモチーフにした特殊設定ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、青柳碧人(アオヤギアイト)さんの短編「竹取探偵物語」を読みました。 日本の昔話『竹取物語』をモチーフにした…

  7. 黄金虫

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「黄金虫」/エドガー・アラン・ポー:世界初の暗号解読ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、エドガー・アラン・ポーの短編「黄金虫」を読みました。 新種の黄金虫(スカラバエウス)を描いたスケッチに隠さ…

  8. 心理試験

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「心理試験」/江戸川乱歩:心理学の要素を盛り込んだ倒叙ミステリー!

    こんにちは、つみれです。このたび、江戸川乱歩(エドガワランポ)さんの短編「心理試験」を読みました。 名探偵・明智小五郎(アケチコゴロウ)が緻…

  9. 首が取れても死なない僕らの首無殺人事件

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「首が取れても死なない僕らの首無殺人事件」/榊林銘:首の着脱可能な人間が登場する特殊設定ミス…

    こんにちは、つみれです。このたび、榊林銘(サカキバヤシメイ)さんの短編「首が取れても死なない僕らの首無殺人事件」を読みました。 タイトルの通…

  10. 不眠症

    ミステリー、サスペンス

    【感想】「不眠症」/榊林銘:細部が微妙に異なる「同じ夢」の意味は?

    こんにちは、つみれです。このたび、榊林銘(サカキバヤシメイ)さんの短編「不眠症」を読みました。 主人公の少女・茉莉(マツリ)が毎夜同じ悪夢に…

最近の記事

  1. 密室黄金時代の殺人
  2. むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。
  3. 猿六とぶんぶく交換犯罪
  4. 真相・猿蟹合戦
  5. わらしべ多重殺人

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 新しい星

    ヒューマンドラマ

    【感想】『新しい星』/彩瀬まる:再会した学生時代の仲間との穏やかな交流を描く!
  2. ホラー

    【感想】『玩具修理者』/小林泰三:オチがすごい!
  3. 初心者向け三国志の楽しみ方

    歴史

    初心者向け 三国志のおすすめの楽しみ方
  4. 読んでいる本がつまらない

    読書に関するあれこれ

    どうしよう!読んでいる本がつまらない!つまらない本は最後まで読む?
  5. まほり

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『まほり』/高田大介:骨太な民俗学ミステリー!まほりの意味とは?
PAGE TOP