ミステリー、サスペンス

  (最終更新日:2019.07.9)

【感想】ミステリーの詰め合わせ!『こうして誰もいなくなった』/有栖川有栖

こんにちは、つみれです。

朝起きて、ゴハンを食べて、歯を磨いて、ゆっくりしている日曜日。

ふと、欲求に駆られるときがあるんですよね。

ミステリーを読みたい・・・!

もういったんこうなると居ても立ってもいられず、気づけばネットでおもしろそうなミステリーを物色しているのです。

そんなとき、いい作品に出会えるととってもうれしい。

いやぁー、今回はいい出会いがありましたよ!

そんなわけで、有栖川有栖『こうして誰もいなくなった』(KADOKAWA)を読みました。

さっそく感想を書いていきます。

作品情報
書名:こうして誰もいなくなった

著者:有栖川有栖
出版:KADOKAWA (2019/3/6)
頁数:400ページ

スポンサーリンク

ミステリーの詰め合わせ的短編集

私が読んだ動機

ミステリーが読みたくなり、インターネットで探しました。

収録中編の表題作『こうして誰もいなくなった』は、明らかにアガサ・クリスティの名作『そして誰もいなくなった』のオマージュ。さらに書き手が有栖川有栖とくれば、もうこれはおもしろくないはずがない!と思いましたね。

こんな人におすすめ

チェックポイント

ミステリー短編集が読みたい

有栖川有栖の引き出しの多彩さを味わいたい

クローズドサークル(あるいは「誰もいなくなった系ミステリー」)が好き

ファンタジックなものから不思議な読み心地のもの、ごく短いものから本格的なミステリーに至るまで、多種多様なミステリーを味わえる一冊となっていて、まさにミステリーの詰め合わせ的な読者を飽きさせない短編集となっています。

編ごとにまったく異なる趣向で読者を楽しませてくれる有栖川有栖の引き出しの多さにびっくりです。有栖川有栖ご本人が本書のことを「有栖川小説の見本市」(『こうして誰もいなくなった』kindle版、位置No. 8)と表現しているのはまさに言い得て妙!

何かミステリーが読みたいけど、読む本が決まっていないようなときにはうってつけの一冊ですね。

また、最後に収録されている中編『こうして誰もいなくなった』は、アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を、有栖川有栖らしい味付けで現代風にオマージュした作品となっています。

短くもなく長くもない適度さがとてもとっつきやすく、非常に読みやすいです。

クローズドサークル好きな人や、誰もいなくなった系ミステリーが好きな人は、かなり満足できる一編なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

お気に入りの作品

本書に収録されている14編のうち、特におもしろかったものを下に挙げます。

極力ネタバレはしない方向でいきます!

館の一夜

本短編集のトップバッターを飾る一編。初っ端からおもしろい!

山中で道に迷ってしまった男女が、夜の闇のなかで煉瓦造りの洋館を発見。

雨が降りしきる状況で車を走らせるのも危険ということで、その洋館に無断で宿泊をするというのがあらすじ。

山で道に迷うシーンの不気味さ、洋館の不穏さなどの描写がすばらしいです。

ラストのオチがまたいいんですよ。好きです。

線路の国のアリス

本短編集でも随一のファンタジックさを持つ短編ですね!

少女アリスが変な世界に迷い込み、奇妙な鉄道に乗って不思議な体験をするというなんともフワフワした物語になっています。

出てくるキャラクターも変なしゃべる動物ばかりで、明るいなかにそこはかとない狂気を感じましたね。

ナンセンスなおもしろさを前面に出した独特の読み味がおもしろいです。

私は本作のパロディのもととなった『不思議の国のアリス』を未読ですが、読んでいたらより楽しめたのかもしれないですね~。私は20歳頃まで読書をほとんどしてこなかった人間でして、こういう有名どころをけっこうすっ飛ばしてきているんですよね!うへへ!

劇的な幕切れ

これはかなり私の好みです!本短編集でもトップクラスにいい!

ネタバレせずにうまく書けないほど単純なお話なのですが、妖しさ全開の展開が最高です!

ラスト間近で主人公の男性の心情が変化するシーンがとてもいいのですが、これだけでは伝わらないですね・・・(笑)

あとがきで知りましたが、「毒」がテーマの作品のようですね。

本と謎の日々

これは別の短編集(『大崎梢リクエスト!本屋さんのアンソロジー』)で読んだことがありますね。

でも好きだから、ここに挙げちゃう。

一言で言うと書店ミステリー。日常の謎とかお仕事小説とか言われる類の短編ですね。

こういう系統のほんわかした短編もそつなくこなしてしまうところが、有栖川有栖の引き出しの多彩さを感じる部分ですよね~。

うむ!おもしろい!

こうして誰もいなくなった

この一編は外せませんね!これを読むためだけに本書を買ってもいいんじゃないかというくらいおもしろかったです。表題作でもある作品ですが、他の短編と比べ明らかにボリュームが大きく、まさに本書の目玉作品の位置づけなんじゃないかと思います。

タイトルからも想像がつきますが、アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を、有栖川有栖らしい味付けで現代風にオマージュした作品です(二回目)

いわゆる「孤島ミステリー」というやつです。(「嵐の孤島」などともいわれますが、本作は特に嵐ではなかったので・・・)

わたくし、クローズドサークルが大好きなんですよ。綾辻行人さんの『十角館の殺人』なんかも夢中になって読みました。

クローズドサークル

何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品Wikipedia「クローズド・サークル」

外界との連絡手段が絶たれることも多い。サークル内にいる人物のなかに高確率で犯人がいると思われたり、捜査のプロである警察が事件に関与できない理由づけになったりなど、パズルとしてのミステリーを効果的に演出する。

はっきりいってめちゃくちゃおもしろい。

この系統の物語は、複数の登場人物が孤島に取り残され脱出できない状況のなか、事件が起こりどんどん人が減っていって・・・とお約束的な展開が繰り広げられるわけですが、パイオニアである「アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』とどういう形で差別化しているのか」というのが最大の楽しみ方になってきます。

アガサ・クリスティはもちろんすごいけれど、オマージュのこの作品はこういう切り口で読者を楽しませてくれるのか!こっちもすごいじゃん!!という楽しみ方です。

「誰もいなくなった」系作品は、その性質から終盤になって登場人物が減ってくると、犯人が消去法的に絞り込めてくる危険性があるのですが、そのあたりも有栖川流にうまくさばかれています。いいですねえ!

また、本短編に登場する探偵役がいい味出しているんですよ。他作品で再登場願いたいですね。(もう登場していたらすみません)

もちろん単独で読んでも楽しめますが、大元となったクリスティ作品を先に読んでおくと一層楽しめると思います。

終わりに

これは珠玉の短編集ですねー。

ほんとうにいろいろな種類のミステリーが楽しめる一冊になっています。

ごく短いものもありましたがその短さが味になっているなど、有栖川有栖の「技」が光る短編集でした!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

つみれ

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. ミステリー、サスペンス

    【感想】感動の一作。これはすごい。『かがみの孤城』/辻村深月

    こんにちは、つみれです。私は辻村深月の作品が大好きなのですが、最近…

  2. ミステリー、サスペンス

    【感想】不朽の名作ミステリー!『獄門島』/横溝正史

    こんにちは、つみれです。先日、横溝正史さんのミステリー短編集『本陣…

  3. ミステリー、サスペンス

    【感想】待望の続編!『魔眼の匣の殺人』/今村昌弘

    こんにちは、つみれです。ずっと楽しみにしていた作品をついに読んでし…

  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】難しいが魅力的なトリック!『本陣殺人事件』/横溝正史

    こんにちは、つみれです。突然ですが、私はミステリーが大好きです。…

  5. ミステリー、サスペンス

    【感想】ネタバレ前に読むべし!『螢』/麻耶雄嵩

    クローズドサークル(外界との往来が断たれ孤立するミステリー)。いい…

  6. ミステリー、サスペンス

    【感想】名言いっぱい!『キャプテンサンダーボルト』/阿部和重・伊坂幸太郎

    伊坂幸太郎の小説って、定期的に読みたくなるんですよね。新作の情報が出る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. 読書まとめ

    【まとめ】2018年5月読書まとめ
  2. 読書まとめ

    【まとめ】2018年6月読書まとめ
  3. 科学

    【感想】タネの不思議を丁寧に解説!『スイカの種はなぜ散らばっているのか』/稲垣栄…
  4. ミステリー、サスペンス

    【感想】死神刑事が謎を解く倒叙もの!『皇帝と拳銃と』/倉知淳
  5. ミステリー、サスペンス

    【感想】スキマ時間に謎解きを!『2分間ミステリ』/ドナルド・J・ソボル
PAGE TOP