2020年 11月

  1. 国盗り物語

    歴史

    【感想】『国盗り物語』/司馬遼太郎:斎藤道三・織田信長の人生を描く傑作!

    こんにちは、つみれです。このたび、司馬遼太郎さんの歴史小説『国盗り物語』を再読しました。司馬遼太郎さんの戦国4部作と呼ばれる作品のうちの第一作にあたる名…

  2. いけない

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『いけない』/道尾秀介:隠された真相に気づけるか?再読必至の連作短編!

    こんにちは、つみれです。このたび、道尾秀介さんのミステリー連作短編集『いけない』を読みました。隠された真相に気づくと感嘆と驚愕が押し寄せる・・・。そんな…

  3. 神さまたちの遊ぶ庭

    エッセイ

    【感想】『神さまたちの遊ぶ庭』/宮下奈都:北海道トムラウシでの生活を描くおもしろエッセイ!

    こんにちは、つみれです。このたび、宮下(ミヤシタ)奈都(ナツ)さんのエッセイ『神さまたちの遊ぶ庭』を読みました。一年限定で北海道の集落トムラウシに移住し…

  4. 読書で人生が良くなった話

    読書法

    読書で人生が良くなった話

    こんにちは、つみれです。本を読むようになってから人生がだいぶ良くなったと思う。人生の転機というと大げさすぎるかもしれないけれど、読書によって段階的に人生…

  5. モルグ街の殺人

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『モルグ街の殺人』/ポー:世界初のミステリー小説!

    こんにちは、つみれです。このたび、アメリカの作家エドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』を読みました。「ミステリー小説の祖」と言われている作品です!…

  6. 読書カードすれ違い通信アプリ

    読書法

    【誰か作って~】読書カードすれ違い通信アプリ

    こんにちは、つみれです。「同じ電車に乗り合わせた乗客の読んでいる本が気になって、自分の読書が進まない・・・」こういうこと、本好きさんにとってはよくあるん…

最近の記事

  1. 滅びの前のシャングリラ
  2. 52ヘルツのクジラたち
  3. 自転しながら公転する
  4. この本を盗む者は
  5. 2021年本屋大賞

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

応援・ご支援

これからの活動を応援してやるぜ!という方はどうぞよろしくお願いいたします!とても励みになります!

 

OFUSE(50円から支援できます)

  1. 歴史

    おすすめ三国志小説5選!おススメ度、難易度も併せて紹介!
  2. ミステリー、サスペンス

    【感想】『殺しの双曲線』/西村京太郎:冒頭でトリックを種明かし!?
  3. 歴史

    【感想】『珈琲の世界史』/旦部幸博:コーヒー通史本の決定版!
  4. 『クジラアタマの王様』

    ミステリー、サスペンス

    【感想】『クジラアタマの王様』/伊坂幸太郎:小説なのにマンガが!?
  5. みんなで本をもちよって

    読書法

    【本で遊ぶ】「みんなで本をもちよって」は本で遊べておもしろいアナログゲーム!
PAGE TOP